スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジェイン・オースティンの読書会(THE JANE AUSTEN BOOK CLUB)
2008年11月14日 (金) | 編集 |

ジェイン・オースティンの読書会

■ジェイン・オースティンの読書会の感想?
読書会っていう習慣は日本にあるのかな~?

最初はね、高校教師のプルーディだっけ?は、絶対傍にいてほしくない!ってくらい苦手なタイプだと思ってイラついたんだけど。
メインの登場人物皆がちょっとずつオースティンの登場人物と被る性格だったりするんだと思えば面白い。

オースティンは高慢と偏見しか読んだことない私ですが・・・。
でもってどっちかと言うと、ジェーン・エアの方が好きな私ですが・・・。
それでも思わず、読書会で語られるあらすじやキャラ設定にワクワクして、ついついオースティンの他の作品も読んでみたくなっちゃいましたとも。
読んでいれば、読書会のたびにポンポン飛び出す登場人物たちの討論に、「うんうん」とか「えー、それは違うでしょ」とか突っ込みを入れて楽しめたかもしれない。

何はともあれ、ロマンティック万歳!
結婚後が書かれなくたって良いぢゃないか。うん。
いくつかのカップルが、紆余曲折の末にラストは皆がハッピーに。

久し振りに読書がしたくなった1本。

■面白度 : ★★★★
ブログランキング参加中♪参考になったら、クリックお願いします!
***********************
■ジェイン・オースティンの読書会(THE JANE AUSTEN BOOK CLUB)
■製作 : 2007年/アメリカ/105min
■監督 : ロビン・スウィコード
■出演 : キャシー・ベイカー/マリア・ベロ/エミリー・ブラント
 エイミー・ブレネマン/ヒュー・ダンシー/マギー・グレイス
■場所 : 自宅(DVD)

■あらすじ
最愛の犬を亡くしたブリーダーのジョスリンを元気づけるために、親友のバーナデットが提案したのは“人生の解毒剤”といって愛読するジェイン・オースティンの小説を論じる読書会。
恋に踏み込めない独身主義のジョスリン、夫との価値観の違いに悩むプルーディなど、実は会のメンバーたちは複雑な悩みを抱えていた。
テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
JUNO/ジュノ(JUNO)
2008年11月13日 (木) | 編集 |

ジュノ

■ジュノの感想?
なんだかなー。
一言で言うと、それで良いの?って気分。

好奇心とか退屈とか理由は色々あるらしいけれど、1回の結果が妊娠。
で、ソレに対する受け止め方があっけらかんとして過ぎ?
本人もだけど両親も。
日本じゃ絶対ありえないだろうなーと思うんだけど。
養子に出すってことに。

相手の夫婦も子供が欲しいって触れ込みだったのに、結局は旦那さんの方が躊躇しちゃうし。
それでも縁組って成立しちゃうもんなんだねー。

ジュノの性格をピュアと言えば聞こえは良いかもしれないけれど、その一言で片付けちゃうのはちょっと嫌。
結局、人間はいくつになってもお子様なのねー。

愛情があちこちに溢れていそうなのに、温かい気持ちにはなれなかった1本。

■面白度 : ★★★
ブログランキング参加中♪参考になったら、クリックお願いします!
***********************
■JUNO/ジュノ(JUNO)
■製作 : 2007年/アメリカ/96min
■監督 : ジェイソン・ライトマン
■出演 : エレン・ペイジ/マイケル・セラ/ジェニファー・ガーナー
■場所 : 自宅(DVD)

■あらすじ
パンクとホラーが好きなクールな女子高生ジュノは、親友ブリーカーとの興味本位にセックスをして妊娠してしまう。
中絶を思いとどまったジュノは友だちのリアに協力してもらい、養子を希望している夫婦を探すことに。
理想的な夫婦を見つけ、会いに行ったジュノだったが……。
テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
悪女(Vanity Fair)
2008年11月07日 (金) | 編集 |

悪女

■悪女の感想?
日本では未公開だったらしいです。
なんだか、BBCのドラマを見ているような感じ。
嫌いじゃないけどね。
衣装とかセットとか、凄く丁寧につくられていました。

ベッキーは別に悪女ではない。
彼女なりに夫を愛していて、だけど、上流階級への憧れっていうか、願望が強かった。
でもって、大抵、このテの人は鼻つまみ者になっちゃうんだよね~。
彼女に振り回される男達こそ不幸だろうっておもうんだけど、この場合は、ローディだけだし。
この夫婦の破綻は、コミュ不足の一言で片付いちゃいそうな気がしないでもないし。
それより、ドビンだろうなー。
男の純愛もここまでくれば天晴れってなもので。
アミーリアのほうが、へたすりゃ悪女だよ、な天然振り。

とりあえず、何事もほどほどが一番幸せなんじゃないかな、と実感する1本。

■面白度 : ★★★
ブログランキング参加中♪参考になったら、クリックお願いします!
***********************
■悪女(Vanity Fair)
■製作 : 2004年/アメリカ・イギリス/141min
■監督 : ミーラー・ナーイル
■出演 : リース・ウィザースプーン/ガブリエル・バーン/リス・エヴァンス
■場所 : 自宅(DVD)

■あらすじ
19世紀のイギリスを舞台に、孤児となったヒロインが美貌と知略を巧みに駆使して憧れの上流社会へのし上がっていく、サッカレーの「虚栄の市」を映画化した文芸ドラマ。
テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー(CHARLIE WILSON'S WAR)
2008年11月06日 (木) | 編集 |

チャーリー・ウィルソンズ・ウォー

■チャーリー・ウィルソンズ・ウォーの感想?
実話ベースのストーリー。
たまに、予告編に釣られて映画を観にいって、すごーく裏切られた気分になることがある。
これも、ある意味、予告編に裏切られる内容。
観るまでずっと、コメディだと思っていたじゃないのー。

お酒と女の子が大好きな下院議員。
ドラッグの使用で逮捕されかかっちゃうような、一見ちゃらんぽらんな男が、ある日突然、目覚めたものは?
米ソの冷戦時代、アフガニスタンの現状を見て心を痛めた彼は、ソ連に対抗するべく多額の予算を勝ち取って、アフガニスタンに武器を支援する。
結果、ソ連は撤退する。
その部分だけをクローズアップすれば、弱い者を救った英雄にでもなれそうなんだけど、なんか違う。
そりゃね、一方的な殺戮は見ていて苦しくなるんだけどさ。
じゃぁ、こっちも武力で対抗しよう!っていうのが、どーしても苦手。

ラストでたった100万ドルの予算をひねり出すことができなかったチャーリー。
そうだよ、これは失敗だったんだよ。
飛行機のエンジンの音が聞こえて、禅の老人の言葉じゃないけれど、「どうかな」ってやつ。
善人ぶって介入し、引っ掻き回して忘れちゃう。
一時的には良かったかもしれないけれど、長い目で見たら、とんでもない皮肉な結果。

力でどうこうしようとするんじゃなくて、違う行動力があったら良かったね、って醒めた目で見ちゃうのは、口先ばっかりでもっとタチの悪いタイプかもしれないけれど。

一見コメディな扱いで、ブラックなんだけど、実はそれなりに問題提起をしてくれる1本。

■面白度 : ★★★☆
ブログランキング参加中♪参考になったら、クリックお願いします!
***********************
■チャーリー・ウィルソンズ・ウォー(CHARLIE WILSON'S WAR)
■製作 : 2007年/アメリカ/102min
■監督 : マイク・ニコルズ
■出演 : トム・ハンクス/ジュリア・ロバーツ/フィリップ・シーモア・ホフマン
■場所 : 自宅(DVD)

■あらすじ
酒と女が大好きだが信念もある下院議員チャーリーは、反共産主義者で大富豪の恋人ジョアンヌにパキスタンに行くことを薦められる。
現地に赴いたチャーリーはソ連軍の侵略から逃げる大量のアフガニスタンの難民たちの姿にショックを受け、ソ連軍と戦うゲリラたちに武器を密輸してしまう。
テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
スルース(Sleuth)
2008年10月28日 (火) | 編集 |

スルース

■スルースの感想?
72年の「探偵スルース」のリメイク版だそうです。
当然ながらオリジナルは見たことないんだけれど、なかなか面白かったです。
当時、浮気相手の若者役をやったマイケル・ケインが、今度は、奥さんを寝取られたダンナ役。
登場人物はたった二人。
ハイテクを駆使した豪邸に浮気相手がやってくるところから始まる。
ボーっとしながら見てたはずが、気づけばすっかり前のめりになって見入ってたわさ。
なかなか露骨な台詞についていけなかったけど。
刑事さんが登場した辺りは、かなりワクワクしますた。
なるほど、ゲームなのか!!面白いじゃないのーって。
ジュード・ロウの化けっぷりにもたまげますた。

ジュード・ロウのプロデュースに拍手!な1本。

■面白度 : ★★★☆
ブログランキング参加中♪参考になったら、クリックお願いします!
***********************
■スルース(Sleuth)
■製作 : 2007年/アメリカ/89min
■監督 : ケネス・ブラナー
■出演 : マイケル・ケイン/ジュード・ロウ
■場所 : 自宅(DVD)

■あらすじ
ロンドン郊外の邸宅に住むベストセラー推理小説家ワイクの元に、彼の妻の愛人ティンドルがやって来る。
「奥さんとの離婚に合意してほしい」と言うティンドルに、ワイクはあることを提案。
それは、ワイクが所有する高価なネックレスをティンドルに盗み出してほしいというものだった。
テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。