スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マネー・ゲーム(BOILER ROOM)
2008年03月10日 (月) | 編集 |
マネー・ゲーム■感想?
大学を中退して、違法カジノを経営していた息子が、判事の父親に認めて貰いたくて、"まともな職"につくため、株のブローカーになることにした。
でも、まっとうだと思っていた会社は、実は詐欺行為で客に屑株を売りつけて儲ける会社だった。
やたら汚い言葉が飛び出していたように感じたけれど、1日に700件のセールス電話をかけまくる彼らは、話術の天才らしい。
でもって、電話だけであったこともない人を信用して買っちゃうのも、嘘だろ~と言いたいのだけれど、実際にありえるんだよね、コレが。
株ぢゃないけど似たような仕事を知っているので、妙にリアルに感じてしまった。

会社が違法行為をしていることに気付いたセスは、良心の呵責と自分の儲けを心配する。
けど、実際にはFBIにとッ捕まって、会社から金を奪うことはできず、良心の呵責だけを宥めようと、最低でも40人はいた自分の騙した相手の1人だけを救ってラストになる。
「とんでもないことをしちゃったけど、少なくとも彼の5万ドルは戻せた」って自分を慰めるのかねー。

ところで、ヴィン・ディーゼルって、スキンヘッドで有名なの?
なんか乱暴モノだけど、面倒見のイイ兄貴!って感じで良かったな。
皆で見ていたウォール街のシーンが面白かったりして。

骨折の痛みを忘れさせる為に息子を殴った父親も相当不器用だなと思った1本。

■面白度 : ★★★☆
他の人の感想が知りたかったらコチラへどーぞ。
***********************
■マネー・ゲーム(BOILER ROOM)
■製作 : 2000年/アメリカ/119min
■監督 : ベン・ヤンガー
■出演 : ジョヴァンニ・リビシ/ベン・アフレック/ヴィン・ディーゼル
■場所 : 自宅(GyaO)

■あらすじ
大学を中退し、闇カジノ経営をしているセス。
だがセスのしていることは堅物の父親には認められることはなかった。
そんなセスは、ブローカーとして証券会社で働くことを決意。
顧客を相手に巧みな交渉術で成功の階段を上るセス。
だがある日、セスは会社の不正に気がつき始めて…。
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
ママが泣いた日(The Upside of Anger)
2008年02月19日 (火) | 編集 |
ママが泣いた日■感想?
残念ながら、共感できるところは皆無だ。
夫が元秘書と駆け落ちしたと思い込んだ妻は、酒浸りになり、怒りっぽい女性に変身した。
以前は優しく、良い母だったようだが、とても信じられない。
冒頭で娘が言っていたけれど、こんな母親は本当に願い下げだ。
(あっ、この部分だけ共感できるのかなー)
始終イライラとして、娘や隣人に当り散らしている。
それに対して、4人の娘も隣人も時にはぶつかり合いながらも、なんとなく肩を竦めてやり過ごしているように見えた。
次女はストレスから潰ようになり、入院する。
ここで見始めてからずっと気になっていた疑問が頂点に達した。
ここに来てもまだ、捨てられたと思い込んでいる妻は夫に連絡を取ろうとしないのは不自然過ぎないだろうか。
長女は結婚して既に2児の母になろうというくらい時間が経過しているにもかかわらず、誰も、夫であり父親にコンタクトを取ろうとしないものなのだろうか。
その間、自分だって隣人のデニーとそれなりの時間を過ごしているのに、まだ混乱して怒りの中にいるっていうのは、ある意味、執念深いとしか言いようがなくて引く。

でもってラスト、実は夫は元秘書と逃げた訳ではなく、裏の土地の古井戸に誤って転落し死んでいたことが判明する。
このときなってやっと、邦題のようにママが泣くのだ。
さて、この涙の意味はなんだろう。。。
自分が夫に捨てられた訳ではなかったという安心感だとしたら、こんな妻をもった夫がかわいそうで仕方ないと思ってしまった。

ラストの4女の意味深な顔と台詞が気になる1本。

■面白度 : ★★☆
***********************
■ママが泣いた日(The Upside of Anger)
■製作 : 2005年/アメリカ/117min
■監督 : マイク・バインダー
■出演 : ジョーン・アレン/ケヴィン・コスナー/エリカ・クリステンセン
 エヴァン・レイチェル・ウッド/ケリー・ラッセル/アリシア・ウィット
■場所 : 自宅(GyaO)

■あらすじ
ある日テリーは夫が家を出たことに気づき、彼が秘書と駆け落ちしたと思いこむ。
彼女は大学から帰省中の長女ハドリーや、三女アンディらに怒りをぶつけてしまう。
そんなとき酒浸りの彼女を、元野球選手の隣人であるデニーが土地の開発のことで訪れ……。
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
セレブの種(She Hate Me)
2008年01月05日 (土) | 編集 |
セレブの種■感想?
最初のうちは、正義感から内部告発をして窮地に陥った男が、それでも正義を貫くっていうシリアスなストーリーなのかと思ってたけど、違った。
内部告発をした結果、圧力をかけられて口座も凍結されて財政難になった彼のところに、元婚約者がやってくる。
彼女がなかなかクセモノって言うか、実はレズだったって設定。
で、レズカップルは子供が欲しい、彼はお金が必要。
ってことで、大して深く考えもせず精子を提供しちゃう。
これって、コメディーだったんだねぇ。
元婚約者の彼女は、次々とレズカップルを紹介してちょっとしたビジネスになる。
レッドブルが出てきた時は、思わず笑った。(エナジードリンクだっけ?)

最終的には、そんなビジネスから引退して、内部告発のおかげで会社の悪い人も逮捕されるし、元婚約者に愛を告白して、ベビーの父親としてレズカップルと家族になる、と。

うーん。
つまらないとは言わないけれど、2時間を越える長さはやっぱり苦痛だ。
「25時」のとき同様に、モヤモヤも残るし・・・。
この監督とは、合わないのかもしれない。

ラストでパパが言ったような『良い家族』とは、とても思えなかった1本。

■面白度 : ★★★
ブログランキング
読んで頂けたら、クリックをお願いします。
***********************
■セレブの種(She Hate Me)
■製作 : 2004年/アメリカ/140min
■監督 : スパイク・リー
■出演 : アンソニー・マッキー/ケリー・ワシントン/エレン・バーキン/モニカ・ベルッチ
■場所 : 自宅(GyaO)

■あらすじ
ハーバード大学のMBAを取得し、大企業に勤める超エリートのジャックは、内部告発をして解雇されてしまう。
一夜にして文無しになった彼は、生活費を稼ぐためレズビアンの元彼女から“種付け”の依頼を引き受ける。
そんな彼のうわさは瞬く間に子どもが欲しいレズビアンたちの間で広まり、商売繁盛となるが……。

テーマ:映画感想
ジャンル:映画
連理の枝(NOW AND FOREVER)
2008年01月04日 (金) | 編集 |
連理の枝■感想?
初めて、チェ・ジウが可愛く見えてしまった!
勿論、ふとしたところで(特に泣き顔)ババァな表情にはなるんだけど、なかなかチャーミングぢゃないの!
韓流で泣き顔がマズイってのは致命的かもしれないけど。
このお姉さんは、いったい幾つなんだろう。

ストーリーはガッツリ王道。
さすがに揃って不治の病って設定には笑ったケド。
韓国って、家族でもない他人に病名とか教えちゃうの~?って思ってて、
でも話が進むにつれ、もしかして・・・って気分になって、
うわ~、マジでつか!?ってことになる。
ただし、嫌いぢゃないよー。
ちゃんとウルウルしちゃったし。

韓国のお誕生日ソングって、happy birthday to you♪ぢゃないんだねー。
グラスの縁でメロディ作るのって、昔流行ったよなー。
でもって、ラーメンのお鍋が食卓にドンとでるのは、普通なの?
ラーメン啜りながら泣くのは、ちょっと大変だなぁ。

脇役もなかなか良い味出してました。
先輩もそうだけど、ドクター&ナースとかね。

それなりに楽しめる韓流ラブストーリーな1本。

■面白度 : ★★★☆
***********************
■連理の枝(NOW AND FOREVER)
■製作 : 2006年/韓国/
■監督 : キム・ソンジュン
■出演 : チェ・ジウ/チョ・ハンソン/チェ・ソングク
■場所 : 自宅(GyaO)

■あらすじ
息苦しい病院を抜け出したヘウォンは、柔らかい雨とさわやかな空気を体いっぱいに受け止めていた。
その時、若い事業家と出会い、恋に落ちるたが、2人が永遠に一緒にいることは、叶いようのない願いだった。

テーマ:映画感想
ジャンル:映画
風と共に去りぬ(Gone With the Wind)
2008年01月03日 (木) | 編集 |
風と共に去りぬ■感想?
誰が何と言おうと大好きな映画!
お正月の時期になると必ずやるねー。
ビデオもDVDも持ってるくせに、ついつい見ちゃうんだよなー。
本も何回読んだか分からないくらい読んだ。
(ぶっちゃけ、台詞が言えるくらいだ!)

最後に映画館で観たのは、阪神大震災の時。
映画を見終わって外に出て、号外を貰ったから強烈に覚えてる。

正直、スカーレットの自己中は大嫌いだし、メラニーの善人ぷりも受け付けない。
アシュレーのナヨ男っぷりもウンザリだ。
こんな男のどこが良いの、スカーレット?って、何度苛々したことか。
(それを言うなら、こんな女のどこが良いの、レット・バトラー?とも思ったけど)
でも、レット・バトラーだけは、最高なのだ。
クラーク・ゲイブルのパグ犬のような下品スレスレの顔がたまらない。

アメリカの歴史に興味がない私は、南北戦争なんて、この本読むまで気にもしなかった。
おかげで、南部の奴隷制度も、それほど酷いものなの?って気分で、
女性をカワイイもの、優しく扱わなくちゃいけないものって考えの男性諸君に
ヤンキー軍よりも好感を持ってしまったくらいの勘違いっぷりを私に植え付けた作品。

4時間という長さだけど、途中で休憩タイムも入るから、問題なし。
(むしろ問題なのは、続編のスカーレットだ。
 本もドラマも最悪だった。
 いくら大好きなティモシー・ダルトンでも、許せない!!)

多分、今までで一番多くリピートして見ている1本。

■面白度 : ★★★★★
ブログランキング
読んで頂けたら、クリックをお願いします。
***********************
■風と共に去りぬ(Gone With the Wind)
■製作 : 1939年/アメリカ/231min
■監督 : ヴィクター・フレミング
■出演 : ヴィヴィアン・リー/クラーク・ゲイブル/レスリー・ハワード
■場所 : 自宅(BS)

■あらすじ
南北戦争勃発寸前のアメリカ。
南部の大富豪の娘にして、絶世の美女スカーレット・オハラは、名家の御曹司アシュレーに思いを寄せていた。
しかし、彼が別の女性と結婚するといううわさを聞いてしまい、嫉妬からとんでもない行動を取ってしまう。

テーマ:映画感想
ジャンル:映画
恋する神父(LOVE, SO DIVINE)
2008年01月03日 (木) | 編集 |
恋する神父■感想?
公開当時、予告編を観ても触手が伸びなかったんだよなー、コレ。
今回、無料動画を見たけど、劇場で見なくて正解だったなぁ、と。

韓国の女性は、酒癖が悪いのかなー。
女がベロベロになって男が振り回されるシーンは、この映画以外でも頻繁にあるよね。
まぁ、おかげでちょっとカワイイところを見ると、そのギャップにホレちゃうんだろうケド・・・。
って、本当か?!

でもって、韓国の神学校の卒業(?)式は、本当にあんな風なんでしょうか。
外のシーンね。
韓国お得意のドロドロさはなく、どこかで見たようなシーンがてんこ盛りだったりする、ごく普通のラブコメでした。

クォン・サンウ好きなら楽しめるのかもしれない1本。

■面白度 : ★★☆
ブログランキング
読んで頂けたら、クリックをお願いします。
***********************
■恋する神父(LOVE, SO DIVINE)
■製作 : 2004年/韓国/108min
■監督 : ホ・インム
■出演 : クォン・サンウ/ハ・ジウォン/キム・イングォン
■場所 : 自宅(GyaO)

■あらすじ
生涯独身で神に仕えると誓った真面目な神学生ギュシュクは、アメリカ帰りの奔放な娘ボンヒと手違いからキスをしてしまい……。

テーマ:映画感想
ジャンル:映画
ハイジ(HEIDI)
2007年12月23日 (日) | 編集 |
ハイジ■ハイジの感想?
アニメ版「アルプスの少女ハイジ」世代の私には、正直チョイ微妙。
冒頭でおじいさんの家を訪ねる時、ダルマみたいに着込んだ服をポンポン脱いでいくシーンが好きだったんだけどなー。
憧れた藁のベッドはとても眠り辛そうだし・・・。
雪ちゃんがいないぢゃないのー(泣)

でもまぁ、山小屋の暖炉でチーズを溶かしてみたり、ピーターのお祖母ちゃんのために白パンをためこんだりと、アニメ版のエピソードは押さえてます。
アルプスの山をバックに皆でお茶するシーンは綺麗だし。
それでもやっぱり微妙な理由はなんだろう。

・展開が速すぎる
 (アルプスの良さを堪能する間もなく、都会へ追いやられた・・・)
・ロッテンマイヤー女史が下品でいただけない
 (彼女は猫嫌いだったのかー。子猫かわいかったのにね、残念)
・「クララが立った!」の台詞をおじいちゃんが言っちゃった
 (コレは、本気でガックシしたぞ)

でもってハイジの女の子。
カワイイんだけど、色が白過ぎないか?幽霊みたいでちょっと怖い・・・。

アニメと実写版では、アニメに軍配が上がる1本。
***********************
■ハイジ(HEIDI)
■製作 : 2005年/イギリス/104min
■監督 : ポール・マーカス
■出演 : エマ・ボルジャー/マックス・フォン・シドー/ジェラルディン・チャップリン
■場所 : 自宅(GyaO)
■面白度 : ★★★

■あらすじ
今まで一緒に暮らしてきた叔母に連れられ、アルプスの山奥の小屋にたったひとりで暮らす祖父アルムのもとにやって来た少女ハイジ。
人間嫌いのアルムは愛くるしい孫の存在を拒否するが、心優しく、常に感謝の気持ちを忘れないハイジにやがて心を開いていく。

ブログランキング
読んで頂けたら、クリックをお願いします。

テーマ:映画感想
ジャンル:映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。