スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マスター・アンド・コマンダー(MASTER AND COMMANDER)
2004年03月17日 (水) | 編集 |
MASTER AND COMMANDER ■マスター・アンド・コマンダー
 (Master and Commander: The Far Side of the World)
 ■製作 : 2003年/アメリカ
 ■監督 : ピーター・ウィアー
 ■出演 : ラッセル・クロウ/ポール・ベタニー/マックス・パーキス/
 ジェームズ・ダーシー/マックス・ベニッツ
 ■面白度 : ★★★★☆(4.5) ■場所 : ヴァージンシネマ六本木6


■あらすじ
1805年、英国海軍サプライズ号は、祖国を遠く離れた海上で、フランスのアケロン号と対峙していた。
数々の英国船を沈めてきた敵船に怯え、異様な緊迫に包まれる船内。
そこにはあどけない少年士官の顔も見られた。
だが彼らにはジャック・オーブリー船長の存在があった。
船員たちが“幸運のジャック”と慕う彼は、幾多の苦境を乗り越えてきた百戦錬磨。
12歳の士官候補生ブレイクニーも、船長の勇姿を眩しそうに見つめる。
そんなある夜、サプライズ号は霧の中から現れたアケロン号の奇襲を受け、ブレイクニーも右腕を失ってしまう…。

■感想?
面白かったです。
予告編がJAROに訴えられたり、なんだかんだズルズルと機会を逃していて観に行くのやめちゃおうかとも思っていたんですが、行って良かった!
あんなに広い海の上で、どうしてそうしょっちゅう、アケロン号と出くわすのかはちょっと謎だけど。
ラッセル・クロウのオリーブ船長もなかなかでしたが、個人的には、お医者さんと副艦長でしょう。
二人ともカッコ良い。
スティーヴン医師は麻酔なしで、自分のオペをしちゃうし(有り得ないでしょう)
トーマスは顔の傷に惚れました~v
ブレイクニーも優しくてまっすぐな性格がかわいかったです。
船乗りって迷信深いんだなぁ・・・と思いつつ、あんなに揺れるハンモックでは絶対に眠れないとか考えてたさ。
船長とドクターが二人でギーコギーコするシーンも優雅です。
あの音楽、良いなぁ。
ガラパゴスの水の色も綺麗でした。
アカデミーだって一応ノミネートされてるんだし、変なCMぢゃなかったら、もっと集客望めたんぢゃないでしょうか??

スポンサーサイト
テーマ:映画館で観た映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。