スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロード・オブ・ザ・リング_王の帰還
2004年02月15日 (日) | 編集 |
THELORDOFTHERINGS3 ■ロード・オブ・ザ・リング_王の帰還
 (The Lord of the Rings: The Return of the King)
 ■製作 : 2003年/アメリカ・ニュージーランド
 ■監督 : ピーター・ジャクソン
 ■出演 : イライジャ・ウッド/リヴ・タイラー/ケイト・ブランシェット/
 ヴィーゴ・モーテンセン/イアン・マッケラン
 ■面白度 : ★★★★★ ■場所 : バージンシネマズ六本木7

■あらすじ
冥王サウロンの指輪を葬る旅に出た仲間たち。
アラゴルンたちと別れてしまったフロドとサムは、ゴラムの案内で滅びの山へと近づいていたが、指輪を取り戻したいゴラムは、2人を陥れる計画を練っていた。
一方、ヘルム峡谷の戦いに勝利したアラゴルンたちは、オルサンクの塔を襲撃したメリー、ピピンと合流する。
再会を喜び合う間もなく、サウロンが人間の国ゴンドールを襲うと知ったガンダルフは、ゴンドールの執政デネソールに忠告するため、ミナス・ティリスの都へ向かった。
 
■感想?
この映画館は、スクリーンが大きくて、お気に入りです。
最初は、ちょっと大きくて近すぎるかな?と思ったのですが、なんのなんの。慣れればOK♪
座席をネットで予約できるのも嬉しいです。
前に座る人に邪魔されたくない時など、ここで観てます。
さて、肝心のストーリーについて。

あぁ、終わっちゃうんだぁ。という気分で観に行きました。
もちろん、ずっと楽しみにしていたので、「早く観たい」という気持ちもあるけれど、来年はもう、どんなに待っても彼らには会えないんだなぁ、と。
そんな感慨を引きずりながら観てきました。
3時間半という時間を感じさせない、相変わらず大好きな物語。
今回がんばったのは、やっぱりサムでしょう。
あなた、偉いです!!
そして、「二つの塔/SEE」に引き続き、ファラミアが悲しかったぁ。
ぜひ、彼には幸せになっていただきたい。
エオウィンも良かったです。カッコ良いのだ。
忘れちゃいけないのは、もちろんアラゴルン。
立派な王様になってください。
なんかねぇ、もぉ。CGとかも凄いねぇ。
ちょっと「うぬっ?!」って所もあったけど・・・。

全3部で、あれだけの物語を映像としてくれたことに感謝の一言です。
個人的な感想ですが、私は「二つの塔」が一番好きです。
それもSEE版ね。
で、次が「旅の仲間」。最後が「王の帰還」。
「王の帰還」は終わったって気持ちと、ラストがなんか哀しいのです。
あっ、でも「王の帰還」はこの後何回か観に行く予定なので、順位かわるかも知れないけど。
って言うか、水曜日に別の友人と観に行く予定。(はやっ)

海外サイトの予告編から、ずーっと気になってたシーンがあるんです。
ガンダルフとアラゴルンの会話の中で、どうしてもアラゴルンが「私は反対」って日本語で喋ってる様に聞こえちゃうシーンがあるんです。(笑)
いや、もちろんそんなはずないってことは、承知してるんですけどね。
大きなスクリーンでも、やっぱりそう聞こえてしまって、変なトコで笑いのツボに入って苦しかったのなんのって。
水曜日は、ちゃんとまじめに聞いてこよう。(セリフ)

***** 2004.02.18の感想 *****

2回目リングです。
映画館も同じヴァージンシネマ。今回はG列で鑑賞してきました。
日曜日に観てすぐ、水曜日に観るので「飽きちゃうかな?」とちょっと心配だったのですが、十分堪能できました♪
1回目の時よりも、のんびり楽しめたかもしれません。

ガンダルフが目を開けたまま寝てる姿に笑ったり、ファラミアを筆頭に勝てる望みのない戦いに出たゴンドールの騎士やセオデン王率いるローハンの騎士の姿にウルウルしちゃいました。
セオデン王に比べると、デネソールってどうしようもないな。
エルフの繊細な王冠とゴテゴテした人間の王冠の対比も良いな~とか。
2回目ということもあり、じっくり鑑賞する余裕ができたせいか、ゴンドールからローハンへの烽火に、ずっと国交の途絶えていたのに火をつける人は山頂で待機してたのか?とかくだらないことも考えちゃいました。(笑)
ミナス・ティリスの投石の古めかしい瓦礫は、どこから運んだんだろう?
あんなもの、街中にゴロゴロしてるのか?
それに、ローハンの戦の時に駆けつけた、エルフたちは最後の戦いには参加しなかったんだっけ?とか。

ミナス・ティリスって、素敵だけど私のイメージとはちょっと違ったんですよね。
映画を観て連想したのは、ブリューゲルのバベルの塔とフランスのモンサンミシェル。
う~ん、微妙。

これはやっぱり、もう一度、本を読まなくちゃいけないな。
忘れているところが結構ありそうです。

スポンサーサイト
テーマ:映画館で観た映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。