スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハッピーエンド(HAPPY END)
2004年02月12日 (木) | 編集 |
HAPPY END ■ハッピーエンド(HAPPY END)
 ■製作 : 1999年/韓国
 ■監督 : チョン・ジウ
 ■出演 : チョン・ドヨン/チュ・ジンモ/チェ・ミンシク
 ■面白度 : ★★
 ■場所 : 新宿武蔵野館3


■あらすじ
失業中の夫ミンギに代わり、一家を支えている妻ボラ。
2人の間には生後5カ月の幼い娘がいるが、ボラは同じ仕事場で働くイルボムと不倫関係にあった。
2人は大学時代に将来まで約束した仲だった。
再会後、時を惜しむようにイルボムの部屋を訪れて、激しいセックスを重ねるボラ。
しかしミンギは次第に妻の行動に不審を抱くようになる。
そしてある日…。

■感想?
誰にとってのハッピーエンド
なんとも皮肉たっぷりなタイトルの映画でした。

R18ということで、ベッドシーンがあることは覚悟していましたが、しょっぱなからだとちょっとヒク。
失業夫は、公園で恋愛小説に涙し、ドラマに夢中。
妻は、5ヶ月の子供がいるとは思えないほど、不倫にのめり込んでます。
だいたい、赤ちゃんにそんなもの飲ませて良いのか?
不倫相手も、不倫だからこそ楽しめた関係から、更に多くを望んでしまうし。
やっぱり、不倫はいけません。
って、なんだか土曜ワイド劇場のようなストーリー。
ラストは、いまいち理解できませんでした。
あのシーンは、何を意味するのでしょう??

う~ん、この後、何本か韓国映画を観る予定なのですが、どれもこんな話だったらどうしましょう。

スポンサーサイト
テーマ:映画館で観た映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。