スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイムライン
2004年01月31日 (土) | 編集 |
THE LORD OF THE RINGS1 ■タイムライン(TIMELINE)
 ■製作 : 2003年/アメリカ
 ■監督 : リチャード・ドナー
 ■出演 : ポール・ウォーカー/フランシス・オコーナー/
 ジェラルド・バトラー/ランベール・ウィルソン
 ■面白度 : ★★★☆(3.5)
 ■映画館 : 新宿プラザ

■あらすじ
フランス南西部の修道院跡で行われている発掘プロジェクト。
そこで14世紀の地層から現代の製品と思われる眼鏡のレンズと“Help me”と書かれたメモが出土する。
レンズの度数は、プロジェクトの責任者・ジョンストン教授の物と一致した。
教授の息子のクリス(ポール・ウォーカー)ら発掘チームの面々は、プロジェクトのスポンサーであるハイテク企業・ITCを訪れ、驚愕の事実を知らされる。
教授は、ITCが開発した時空間転送装置“3Dファックスマシン”で14世紀のフランスに旅立ち、消息を絶ってしまったというのだ!

■感想?
マイケル・クライトン原作の映画です。予告編を観て、思わず観に行った1本。
微妙に「ありえないでしょう」と思ってしまう所もありましたが、なかなか楽しめました。
考古学者が歴史を作ったのか?とか、フランソワが一番不幸だな、とか、教授がダメダメぢゃん!というよな突っ込みどころが満載なんですけどね。
あと、矢が異様に力強く飛ぶことに驚いてみたり。
土曜日の7:00~だったけど、映画館ガラガラでした。

スポンサーサイト
テーマ:映画館で観た映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。