スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロード・オブ・ザ・リング_旅の仲間
2004年01月21日 (水) | 編集 |
THE LORD OF THE RINGS1 ■ロード・オブ・ザ・リングス_旅の仲間
 (The Lord of the Rings: The Fellowship of the Ring )
 ■製作 : 2001年/アメリカ 
 ■監督 : ピーター・ジャクソン
 ■出演 : イライジャ・ウッド/ヴィゴ・モーテンセン/リブ・タイラー/
  ケイト・ブランシェット/クリストファー・リー
 ■面白度 : ★★★★★


■あらすじ
遥か昔の中つ国。
世界を滅ぼす魔力を持つ悪の指輪を、ひょんなことで手にしたホビット族のビルボ(イアン・ホルム)は指輪のお陰で長生きし、111歳の誕生日を迎える。
この日を境に旅に出る事を決めていたビルボは、指輪をまだ若いいとこのフロド(イライジャ・ウッド)に託し消えてしまう。
しかし、指輪のパワーは強く、指輪を狙う悪の瞑王サウロンの追手がフロドを付け狙う。
フロドを中心に結成された9人の仲間達は、指輪を抹消するために長い冒険の旅へと出発するのだった…。

■感想?
指輪物語です。
私はこの原作が大好きで、ずっと「指輪物語」として育ってきたせいか
どうも「ロード・オブ・ザ・リング」というカタカナが苦手です。
まぁ、海外作品なので、カタカナの方が正しいのでしょうが。
この映画を観るのは2回目と言っても良いのかな?
今回はスペシャルナンチャラ(長くて覚えてません)版を。
来月いよいよ完結ということで、30分のカットを含む3時間半の物語のおさらいに。
予告とか入れると4時間近く座りっぱなしだったけど。
やっぱりこの映画は好きです。
よく、原作を読んで映画を観るか、映画を観て原作を読むかって悩むけどあれって要するに2つの間にギャップができちゃうことが問題なんだと思う。
でもこれは、どっちから入ってもOKなんじゃないかな。
もちろん、あの分厚い本に比べたら、色々とシーンがかけてたり、自分の想像と若干違うシーンに遭遇したりするのだけれど、それでも、楽しめるから嬉しい。
レゴラスはカッコ良いし。
アラゴルンだって、原作よりも雄弁な感じがしますが、それもよし。
大好きな灰色ガンダルフは想像通り!
ちなみに白のガンダルフはなんか好きになれません。
ただ色が違うだけなんだけどね~。
でもって、DVDに収録されたカットシーンも、なんだか笑えるしなぜここをカットするんだろうって思ったシーンを大きなスクリーンで観れて大満足なのでした。
ここだけの話、一番最初にこの映画を観たとき、サムだけは想像と違ってちょっと引いてしまいました。(笑)

東京では、東銀座の東劇でしかやってないとのことで、初の映画館だったけど、ここは偉いです。
働いている人たち皆が愛想良いのも◎だけど、シートの配置が偉い。
前のシートと半分ずつずれているので、座れる人数が少し減るかもしれないけど、前に座高の高い人が座ってもOK。
今日は女性が1000円だったせいもあってか、とても混んでいて立ち見の人もいたみたい。
「旅の仲間」は今週いっぱいらしいので、見てない人がいたらぜひお勧めしたいです。
来週からは、「二つの塔」をやるらしいし、「王の帰還」を観る前に
復習を兼ねてぜひ、観に行くべし。

ってことで、明日と明後日も会社帰りに映画を観ます。
でも取り合えず今夜は、大好きなファンタジーの世界に浸って眠りましょう。
 


スポンサーサイト
テーマ:映画館で観た映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。