スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スネーク・アイズ
2007年02月18日 (日) | 編集 |
SNAKE EYES ■スネーク・アイズ(SNAKE EYES)
 ■製作 : 1998年 / アメリカ
 ■監督 : ブライアン・デ・パルマ
 ■出演 : ニコラス・ケイジ ゲイリー・シニーズ ジョン・ハード
 ■面白度 : ★★★


■あらすじ
アトランティック・シティで開かれたボクシングのヘビー級タイトルマッチには1万4千人の観客が詰めかけていた。
チンピラからカツアゲするダメ刑事リック(ニコラス・ケイジ)も国防長官の警護を務める旧友のケヴィン・ダン中佐( ゲイリー・シニーズ)に招かれて試合を観戦する。
だが、その最中に銃声が鳴り響き、会場にいた国防長官が暗殺されてしまう!
パニックに陥る会場を封鎖し、リックは事件解決のために、事件直後に逃げた女性を探し始めるが…。

■感想?
汚職警官なりのルールとしては、「人は殺さない」っていうのがラインらしい。
中途半端に悪い刑事と、部下を見殺しにしたという呵責から、善から悪に転向した旧友。
どっちも、どっちってところでしょうか。

エンドロールの柱に埋まっていたルビーは、スネーク・アイズってことで良いのかな。
スネーク・アイズって、親が一人勝ちするゲームらしいけど、このストーリーで一人勝ちしたのはだれでしょう。
陰謀を暴いて英雄になれたけど、すぐに過去の汚職がバレて、別荘送りになったリック。
国家の為にとか言いながら、人を殺しまくった挙句、テレビカメラの前で自殺したダン中佐。
データ改竄を見抜いて、長官の暗殺を招いた挙句、自分の命も危険にさらした彼女。


サスペンスとしては、イマイチだけどそれなりに楽しめた1本。

スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。