スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
赤い靴をはいた男の子
2007年02月11日 (日) | 編集 |
The Man with One Red Shoe ■赤い靴をはいた男の子(The Man with One Red Shoe)
 ■製作 : 1985年 / アメリカ
 ■監督 : スタン・ドラゴティ
 ■出演 : トム・ハンクス キャリー・フィッシャー ロリー・シンガー 
 ジェームズ・ベルーシ
 ■面白度 : ★★☆(2.5)

■あらすじ
CIAの諜報員の不祥事で、長官ロスは進退問題の危機に直面していた。
後釜を狙うクーパーは、長官ロスが何か隠していると調査を始める。
一方ロスはそれを利用して空港にクーパーをおびき出した。
まんまと引っかかったクーパーは、片方だけ赤い靴を履いた怪しい青年リチャード(トム・ハンクス)をスパイだと思いこんで、リチャードの家を家宅捜査までする始末。
そうとは知らないリチャードは、クーパーの手先である美女マディー(ロリー・シンガー)にすっかり心を奪われて…。

■感想?
GyaOのレビューでは評判良かったんだけど、のらねこにはイマイチ。
話自体は良くできていて、笑いどころも満載なんだけどねー。
何でだろう。

トム・ハンクスが恐ろしく若い1本。

スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。