スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スルース(Sleuth)
2008年10月28日 (火) | 編集 |

スルース

■スルースの感想?
72年の「探偵スルース」のリメイク版だそうです。
当然ながらオリジナルは見たことないんだけれど、なかなか面白かったです。
当時、浮気相手の若者役をやったマイケル・ケインが、今度は、奥さんを寝取られたダンナ役。
登場人物はたった二人。
ハイテクを駆使した豪邸に浮気相手がやってくるところから始まる。
ボーっとしながら見てたはずが、気づけばすっかり前のめりになって見入ってたわさ。
なかなか露骨な台詞についていけなかったけど。
刑事さんが登場した辺りは、かなりワクワクしますた。
なるほど、ゲームなのか!!面白いじゃないのーって。
ジュード・ロウの化けっぷりにもたまげますた。

ジュード・ロウのプロデュースに拍手!な1本。

■面白度 : ★★★☆
ブログランキング参加中♪参考になったら、クリックお願いします!
***********************
■スルース(Sleuth)
■製作 : 2007年/アメリカ/89min
■監督 : ケネス・ブラナー
■出演 : マイケル・ケイン/ジュード・ロウ
■場所 : 自宅(DVD)

■あらすじ
ロンドン郊外の邸宅に住むベストセラー推理小説家ワイクの元に、彼の妻の愛人ティンドルがやって来る。
「奥さんとの離婚に合意してほしい」と言うティンドルに、ワイクはあることを提案。
それは、ワイクが所有する高価なネックレスをティンドルに盗み出してほしいというものだった。
スポンサーサイト
テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。