スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エンジェル(ANGEL)
2008年10月14日 (火) | 編集 |

エンジェル

■エンジェルの感想?
スイミング・プール以来のオゾンかな?
でもって、オゾンの新たなヒロインは、どーも肌に合いませぬ・・・。

出版人の奥さんが言ったセリフにまんま凝縮されたあの性格。
高慢で不躾で自信家。
もーねぇ、ここまでくれば天晴れなのかもしれないくらいの潔い自己愛。
結局のところ、エスメを愛する自分に酔ってたんじゃないのー?と思ってみたりするくらい息苦しい愛にウンザリ。
出だしの少女時代の母と伯母を小バカにした笑い方からして気に入らないし。
彼女に傾倒するお姉さんの頭もおかしいんじゃないの?って思っちゃったくらいです。はい。

あそこまで独善的な性格でも、成功を収められたってエネルギーには感動しなくちゃいけないのかもしれないけれど、周りには絶対にいて欲しくないタイプだなぁ、と。

こんなヒロインはイヤだーと叫びたくなった1本。

■面白度 : ★★★
ブログランキング参加中♪参考になったら、クリックお願いします!
***********************
■エンジェル(ANGEL)
■製作 : 2007年/イギリス・ベルギー・フランス/119min
■監督 : フランソワ・オゾン
■出演 : ロモーラ・ガライ/シャーロット・ランプリング/サム・ニール
■場所 : 自宅(DVD)

■あらすじ
1900年代初頭のイギリスの下町で、母親とともにほそぼそと暮らすエンジェルは、あふれんばかりの想像力と文才が認められ、16歳にして文壇デビューを果たす。
幼いころからあこがれていた豪邸“パラダイス”を購入し、ぜいたくで華美な暮らしを始める。
そんな中、彼女は画家のエスメと恋に落ちるが……。
スポンサーサイト
テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2009/01/25(Sun) 19:14:44 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。