スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
真実の行方(Primal Fear)
2008年09月29日 (月) | 編集 |

真実の行方

■真実の行方の感想?
見応えたっぷりのストーリー。
お金と売名行為が大好きそうな弁護士は、それでも自分の中の良心に基づいて行動している。
弁護を買って出た今回の事件も、色々と調べていくうちにそんな良心を突かれて。
彼は自分の信じた道を突き進む。
人格者だと思われていた司教の醜聞や、町の有力者の汚い部分を暴きながら、純朴そうな容疑者アーロンが被害者だったことを証明する。
その手腕は、「お見事!」の一言で。
ところが、ここで話は終わらないのだ。
ラストのドンデン返しの小気味良さときたら!!

アーロンは、マーティンの更に上を行く役者だった。
ロイが本物!?
多重人格って、本当に演技で出来るモノなのか?
って言うか、そこまで他人を操れるものなのか?
上手くいき過ぎな気もするけれど、小気味良いんだな、これが。
周囲の人間を上手に使っていたはずのマーティンさえも、手玉に取ったアーロン(ロイ)は、「凄い!」の一言。
純朴そうなこの顔、どっかで見たな~と思っていたら、25時の人だったんだね。
エドワード・ノートンは、こういう役が嵌るんだねぇ、と変なところでも納得デスタ。

結局のところ、真実は良心と同じ数だけ存在するのかも知れないと思った1本。

■面白度 : ★★★☆
ブログランキング参加中♪参考になったら、クリックお願いします!
***********************
■真実の行方(Primal Fear)
■製作 : 1996年/アメリカ/130min
■監督 : グレゴリー・ホブリット
■出演 : リチャード・ギア/ローラ・リニー/エドワード・ノートン
■場所 : 自宅(DVD)

■あらすじ
大司教惨殺事件で逮捕されたのは、彼の侍者のアーロンという青年だった。
売名家と呼ばれている弁護士マーティンは、事件の話題性から無償での弁護を申し出た。
あどけないアーロンの表情を使ったマーティンの作戦も、明らかにされていく宅地開発に絡む大司教への恨みや“悪魔払い”の名のもとにビデオに収められた醜聞も、元恋人の検事ジャネットによって次々と提出される物的証拠の前にはなす術が無かった。
そんな時、アーロンの精神分析を担当したアーリントン女医がつかんだ事実とは……。
スポンサーサイト
テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
1996年の作品で、初めて観た衝撃からもう何年も経過したのですが。先日、安値でD...
2008/11/25(Tue) 20:58:42 |  SUPER BLOG.JP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。