スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ペネロピ(Penelope)
2008年09月19日 (金) | 編集 |

ペネロピ

■ペネロピの感想?
先祖のしでかしたことのために呪いをかけられた女の子。
魔女の呪いを解くのは、真実の愛。
でも、豚の鼻と耳を持ったペネロピの顔を見た王子様候補は、彼女の姿を見ただけで逃げ出してしまう。
確かに、パッと見はギョッとするかもしれないけど、そこまで??と思っちゃう。
だって、真実の愛があれば、呪いは解けるんだよねぇ?って。
でも、人間て言うのは、見た目がいかに重要かってことを強調するかのように、皆逃げちゃうのは切ない。

だけどペネロピは頑張った!!
呪いを解いてくれる王子様を待つんぢゃなくて、自分で一歩を踏み出したのだ。
自分の写真を公表して、マスコット的存在にまでなって。
最後は、豚鼻の自分が大好きだ!って言って呪いを跳ね除けた♪
この子、強いね~。
だって、ママも言ってた通り、結局のところ、ママもパパも、だーれも彼女の鼻を受け入れていなかったってことでしょ?
それはそれで、辛すぎる~と思うのは私だけ?

でも、まぁ。
ちゃんとラストで真実の愛らしきものも手に入れたからOKかな、うん。

豚鼻の方が可愛く見えた1本。

■面白度 : ★★★
ブログランキング参加中♪参考になったら、クリックお願いします!
***********************
■ペネロピ(Penelope)
■製作 : 2008年/アメリカ・イギリス/103min
■監督 : マーク・パランスキー
■出演 : クリスティナ・リッチ/ジェームズ・マカヴォイ/キャサリン・オハラ
■場所 : 自宅(DVD)

■あらすじ
魔女に呪いをかけられ、豚の鼻と耳を持って生まれた裕福な名家の娘ペネロピ。
マスコミと大衆の目から身を守るため、屋敷の中だけで生きてきた彼女は、永遠の愛を誓って呪いを解いてくれる男性を待ち続けていた。
そんな中、名家出身の青年マックスが現れるが……。
スポンサーサイト
テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「ウォンテッド」を観て「つぐない」を観た。ジェームズ・マカヴォイ祭りを続行するならば、これを観なければならないと云うことで「ペネロピ」を観た。 「つぐない」については近く記事を更新するつもり。 名門ウィルハーン家にはひとつの呪いがかけられていた。悲恋を...
2008/11/04(Tue) 00:05:16 |  MESCALINE DRIVE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。