スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エリザベス:ゴールデン・エイジ(Elizabeth:The Golden Age)
2008年08月16日 (土) | 編集 |

エリザベス:ゴールデン・エイジ

■エリザベス:ゴールデン・エイジの感想?
10年ぶりのエリザベス。
前作は異様に真っ白な顔が強烈な印象として残ってるんだけど・・・。
って、それくらいの記憶しかなくても全然OK。

兎に角、豪華な映像に圧倒されながら、歴史のお勉強タイムです。
面白いねー。
宗教戦争に絡んだスペインの陰謀とかもそうだけどさ、当時の衣装とか拷問器具とかサラリと見ちゃってるけど、ちょっとこわっ。
ヴァージン・クイーンなんて言いながらも、女性としての葛藤もあったりして。

でもって、スペインの無敵艦隊って、ああやって敗れたのね。
ヨーロッパの美術館で、そういうタイトルの絵画を鑑賞したけれど、実は「ふ~ん」程度の感慨しかなくて、今回、漸くパズルのピースが嵌った感じです。
あー、スッキリ。^^

たまには、こういう歴史もの悪くない!と思えた1本。

■面白度 : ★★★☆
ブログランキング参加中♪参考になったら、クリックお願いします!
***********************
■エリザベス:ゴールデン・エイジ(Elizabeth: The Golden Age)
■製作 : 2007年/イギリス・フランス/114min
■監督 : シェカール・カプール
■出演 : ケイト・ブランシェット/ジェフリー・ラッシュ/クライヴ・オーウェン
■場所 : 自宅(DVD)

■あらすじ
1585年、エリザベス1世はプロテスタントの女王としてイギリスを統治していた。
だが、欧州全土をカトリックの国にしようと目論むスペイン国王フェリペ2世は彼女の失脚を画策する。
そんな女王の前に、新世界から戻ったばかりの冒険家ローリー卿が現れ……。
スポンサーサイト
テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。