スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チョコレート(MONSTER'S BALL)
2008年06月29日 (日) | 編集 |

チョコレート

■チョコレートの感想?
どうしてリストに入れたのか分らないDVDがまた1枚。
これっていつの時代設定なのかなーって言うくらい、人種差別がバリバリなのだ。
ついでに、淡々と進む展開も微妙についていけなかったり。

親子三代で同じ職務に就いている、ちょうど二代目の父親の心理的な変化がなんだか極端すぎる気がしてならなかったり。
初代の爺さんは、黒人に対する偏見というか差別が凄まじく、父親もそれに従うっていうかつられて近所の黒人にも厳しい態度を取っていた。
だけど、優しい息子が自殺したのを機に考えが変わる。
変わるのは良いと思うんだけど、その原因って言うか理由がなー。
ハルベリーの存在だよね?

自殺した息子が居て、自分は良い父親じゃなかったって思っているときに、交通事故に遭った黒人親子を見つけて、病院に連れて行く。
でもって、息子をなくした母親を慰めるのも良い、慰めているうちに・・・ていうのだって、良くある?パターンだとしよう。
でもね、その後で(実際には、その前に分ってたけど)、彼女の死んだ夫のことが分ってゲロンパまでしたのに、彼女に固執するのが分らん。
車を与えて、スタンドのお店の名前にまでして、でもって自分の父親をホームに押し込めてまで彼女を自宅に住まわせる。
自分が死んだダンナを知っていたってこと、ぶっちゃけ、死刑執行に立ち会ったってことは一切触れずに、「俺たちは上手くいくよ」って、本気で思ってるんだろうか。
だとしたら、相当オメデタイ思考の中年オヤジだな。

ハルベリーも、ラストでその関係に気付きながら、へーそっちの道を選択したのかって感じで、私には理解しがたい結末でした。

チョコレートの甘さはまったくない1本。

■面白度 : ★★☆
ブログランキング参加中♪参考になったら、クリックお願いします!
***********************
■チョコレート(MONSTER'S BALL)
■製作 : 2001年/アメリカ/113min
■監督 : マーク・フォースター
■出演 : ビリー・ボブ・ソーントン/ハリー・ベリー
■場所 : 自宅(DVD)

■あらすじ
ハンクはアメリカ南部の刑務所で死刑囚棟の看守を長年務めてきた男。
彼の父も同じ看守を務め、今は息子のソニーが同じ道を歩み始めたところだった。
ハンクは父譲りの人種差別主義者だったが、息子のソニーは心の優しい人間で、そんなハンクの考え方に疑問を感じていた。
黒人の囚人ローレンス・マスグローヴに対する処刑の日、ハンクとソニーが電気椅子に向かうローレンスに付き添うことになったが、慣れないソニーは執行の直前に取り乱してしまった。
刑の執行後、自らの職務に厳格なハンクはそんなソニーの態度を厳しく叱責してしまう……。
スポンサーサイト
テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。