スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
28日後(28 Days Later)
2008年06月22日 (日) | 編集 |

28日後

■28日後の感想?
むむむ・・・。
あらすじは面白そうだった。
見始めて、誰も居ないロンドンの町を彷徨う主人公の様子もなかなか。
ペプシの缶を拾ったり、不安なんだけど散らばったお金を集めちゃったりね。
メッセージボードを見て混乱したりするのも、うんうん、と思える。
で、感染してない人に出会って、信じ難い事態を知らされる。

イギリスは島国だし、隔離できるんじゃないの?
という疑問は、途絶えたラジオの最後の放送で、パリとニューヨークにも感染者が・・・。
って説明で、「駄目なのか~」とガックリしながら消された。

そのつもりで見てたのにー。
ラストでは、飛行機が空を飛び、感染してない人たちが他所の場所にはたくさん居ることが分る。
えー、やっぱりそうなの?!みたいな。

だいたい、感染して数十秒で発症するのに、飛行機でそんな長いこと飛んでられないよな、と妙に納得しちゃったりするんだけど、やっぱりズルイ。

なるほどー、これはホラーなんだぁ。
ホラーってあんまり見ないからなんとも言えないんだけど、ホラーの恐怖って言うより、人間の怖さを感じました。

感染してないはずの軍の人たちだけじゃなく、ジムの残酷っぷりにもね。
やっぱり、人間は常に殺しあう生き物なのでしょうか・・・。なんちゃって。

途中から辻褄が合わなくなってくる一本。

■面白度 : ★★★
ブログランキング参加中♪参考になったら、クリックお願いします!
***********************
■28日後(28 Days Later)
■製作 : 2002年/イギリス・アメリカ・オランダ/114min
■監督 : ダニー・ボイル
■出演 : キリアン・マーフィ/ナオミ・ハリス/クリストファー・エクルストン
■場所 : 自宅(DVD)

■あらすじ
怒りを抑制する薬を開発中のとある霊長類研究所。
ある夜、精神を冒し即効性の怒りを発するウィルスに感染している実験用チンパンジーが、侵入した動物愛護活動家たちによって解放されてしまう。
その直後、活動家の一人がチンパンジーに噛まれて豹変、仲間に襲い掛かる…。
28日後。
交通事故で昏睡状態に陥っていたバイク・メッセンジャーのジムは、ロンドン市内の病院の集中治療室で意識を取り戻す。
ベッドから起き廊下をさまようジムだったが、院内にはまったく人の気配がなかった。
人の影を求めて街へ飛び出したジムは、そこで驚くべき光景を目にする…。
スポンサーサイト
テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。