スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グッド・シェパード(THE GOOD SHEPHERD)
2008年05月31日 (土) | 編集 |

グッド・シェパード

■グッド・シェパード感想?
公開当時、2時間半と言う長さに恐れをなして、DVDになるのを待っていたこの映画。
な、長いな、やっぱり・・・。

善き羊飼いってなに?
CIAに「THE」をつけない理由もなんだかムカつくし。
どんだけ驕ってるんだよ、と突っ込みたい気になりながら、
でも、あの国らしいと納得もできちゃったりなんかして。

淡々と続くストーリーは、退屈とは言わないけれど、盛り上がることもない。
でもって、マッド・デイモンがちーっとも年を取らないもんだから、落ち着かないのだ。
30年という時間の流れに沿って息子はどんどん成長し、
アンジーもそれなりにふけてるっていうのにさー。

国の為に自分や家族を犠牲にできるのって凄いのかもしれないけれど、
誰も信じられない世界はちょっとイヤだなぁ。

見て後悔することはないけれど、見なくても後悔しなかった1本。

■面白度 : ★★☆
ブログランキング参加中♪参考になったら、クリックお願いします!
***********************
■グッド・シェパード(THE GOOD SHEPHERD)
■製作 : 2006年/アメリカ/167min
■監督 : ロバート・デ・ニーロ
■出演 : マット・デイモン/アンジェリーナ・ジョリー/アレック・ボールドウィン
■場所 : 自宅(DVD)

■あらすじ
1961年4月17日、キューバのカストロ政権転覆を狙った上陸作戦がCIA内部の情報漏れにより失敗し、CIAは窮地に立たされる。
その数日後、作戦を指揮したエドワードの元にCIA内通者と敵側スパイと思われる男女が映ったテープが届く。
彼は部下のレイにその分析を依頼するが……。

スポンサーサイト
テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。