スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブラックサイト(Untraceable)
2008年04月25日 (金) | 編集 |

ブラックサイト

■ブラックサイトの感想?
久し振りに映画館で観た。

"好奇心、猫を殺す"って諺があった気がするんだけど、しょっぱな、猫が登場した時は、物語と分かっていても泣きそうになってしまった。
お腹を空かせて、ミーミー鳴いてる猫の前にミルク皿を置き、そこに向かった猫は、ネズミ捕りにベッタリ貼り付いて抜け出せない。
犯人は猫が弱って死んでいく姿をネット上に公開する。
これが始まりのシーン。
猫の次は人間で、そのサイトへのアクセス数によって投薬量が増え、アクセスが増えれば増えるほど死へのカウントダウンが早まる仕組みになっている。
身体に切り傷をつけられて、血が固まらない薬を投薬された被害者はジワジワと失血死。
手足をコンクリートで固められ、ライトで焼かれたり、閉じ込められた水槽に硫酸を入れられたり。
このあたり、かなりグロイ。(個人的には、ギリギリラインでした)
流石に、子供を殺さなかったのは、倫理的にもギリギリのところだったんだろうねぇ。

ゾッとするのは、この公開殺人サイトへのアクセス数の多さとそのスピード。
見るなと言われても、人間の好奇心は抑えられないものなのだ。
多分、2ちゃんねるみたいなところで、口コミがぶわ~っと広がるんだろうね。
今回は、その公開場所がネット上だったけれど、これはテレビや新聞、雑誌でも似たようなケースが十分に有り得ることだと思う。
大雑把なことを言えば、この映画を見に行くのだって、予告編を見て好奇心をかきたてられたからな訳だし・・・。

FBIでさえ打つ手なしで、一見、無差別殺人だったように思われた事件にも、ちゃんと理由があったらしい。
犯人の頭の良さっぷりは、ちょっと凄すぎる気もするけど、設定は面白い。
好奇心は、時には十分な凶器になり得るのだ。

でもって、コレだけ普及しているネット社会。
実際に、こんなこともできそうだよね。
やろうと思えば、いくらでもIPを誤魔化し、身元を隠せる事実に改めて愕然とする。
隣家の無線LANは繋ぎ放題の無防備状態だって知ってるし・・・。
だから余計にゾワ~っとくるのかもしれない。
スマートフォンのハッキングは置いといて、車までそんなに簡単に外から操れたりするのかな?とか、多少、突っ込みたくなるところもあったりするんだけれど。
それに、ラストにFBIのバッジを見せるシーンも、FBIなら人を殺しても相手は犯罪者だから許される、って感じでちょっとイヤだったり。

好奇心に負けて見に行ったサスペンスな1本。

■面白度 : ★★★☆
ブログランキング参加中♪参考になったら、クリックお願いします!
***********************
■ブラックサイト(Untraceable)
■製作 : 2008年/アメリカ/110min
■監督 : グレゴリー・ホブリット
■出演 : ダイアン・レイン/ビリー・バーク/コリン・ハンクス
■場所 : 新宿ミラノ2

■あらすじ
競技場近くの駐車場で誘拐された男が、ウェブサイト「Kill with me」上で公開殺害された。
画面上に掲示されるアクセス数のカウントとともに薬物が増量され、じわじわと死に至る状況を刻一刻と中継するという残忍な犯行だった。
FBIネット犯罪捜査官のジェニファーが捜査を開始するも、第二の犯行が実行され……。
スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 『FBIサイバー捜査官を追い詰める、66億人の好奇心。』  コチラの「ブラックサイト」は、ネット社会に潜む恐怖を斬新なテクニックで描く4/12公開となったR-15指定のサイコ・スリラーなのですが、観て来ちゃいましたぁ~♪  ナニゲに「」と同じポートランドが舞台、?...
2008/04/26(Sat) 08:30:32 |  ☆彡映画鑑賞日記☆彡
主演はダイアン・レイン。 サイバー犯罪専門のFBI捜査官、 ジェニファーを、 演じています。   アクセス数の増加が、 人命を奪う早さに比例し、 その過程の実演を、 インターネットで公開する残忍非情な犯人。 スリル、緊迫感もあって、 結構、映画に入り込み、 ?...
2008/04/26(Sat) 09:06:40 |  花ごよみ
事前情報なしで観ました…ハッキリ申し上げますと…メチャ怖いです…。そしてこの作品も原題VS邦題かな?
2008/04/26(Sat) 12:38:41 |  My Favorite Things
 無責任な好奇心がいかに人を傷つけるか、がテーマ。それをシリアル・サイコ・キラー風のミステリーに仕上た作品。  あそこまで残忍な犯行に走れるかどうかは別として、犯人の動機には同情の余地がある。  ダイアン・レインがネット犯罪を担当する捜査官を演じるが、...
2008/04/26(Sat) 13:45:06 |  SEA side
インターネット上に突如、猫の虐待を中継するサイトが開設された。その名も”killwithme.com”。インターネットを介して衆人が監視する中、猫は衰弱死した。しかし、事件は猫だけでは済まなかった。次に現れたのは、流血する男性。しかも、サイトへのアクセス数が増えると...
2008/04/26(Sat) 17:42:52 |  勝手に映画評
今の時代を反影した映画だと思いますが これはちゃんと常識のある人に見てもらいたい映画 たとえば、ゴシップ雑誌が売れる・・ それは買う人がいるから あることないことうわさ話が広がる・・ 好奇心は時には人を傷つける 今の時代好奇心が人を殺す 映画としては興味深?...
2008/04/27(Sun) 23:53:51 |  shinuma de cinema (映画ネタバレの部屋)
ダイアン・レイン主演のサイコサスペンス『ブラックサイト』を観てきました。宣伝でやってたような『羊たちの沈黙』や『セブン』と比較するコメントってどうよって思っていたから、それなりに良く出来ていたサスペンスじゃないかなーと。日本での興行成績が奮わないのはち...
2008/04/28(Mon) 09:41:34 |  cinema!cinema!~ミーハー映画・DVDレビュー
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  見えぬ悪意に無防備な現代社会  
2008/04/29(Tue) 14:19:12 |  カリスマ映画論
「ブラックサイト」、観ました。 アクセスの加速で死が早まる殺人サイト――全体的には面白かったんですけど……まあ正直事件の解決に向...
2008/05/03(Sat) 11:34:52 |  クマの巣
≪ストーリー≫ オレゴン州ポートランドを舞台に、自身のWEBサイトに生々しい殺人の映像をライブで載せているシリアル・キラー。彼に苦しめられる犠牲者の運命を握っているのは、罪悪感もなく、好奇心だけでサイトにアクセスする世界中66億人の人々。彼のサイトのアクセ?...
2008/05/05(Mon) 19:17:06 |  ナマケモノの穴
管理人の承認後に表示されます
2008/12/24(Wed) 00:31:57 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。