スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アザーズ(The Others)
2008年04月18日 (金) | 編集 |

アザーズ

■感想?
タネ明かしをされた上で薦められて観たんだけど・・・。
これは、予備知識なしで観るべきだった。
(薦めるなら、タネ明かさないで欲しかったぁ!)

ラストを知っていながらも、十分にドキドキしちゃったよ。
光アレルギーの子供たちの異様な肌の白さも、聖書の世界にどっぷり浸かったニコールママの頑迷さも、不気味な使用人たちの存在も、全てがジワジワと緊張感を煽るのだ。

自覚しているかいないかで、鏡にも映ったり映らなかったりするのかなー。
なんだか凄い切ない要素もあったりして、チャールズが戻って来て良かったなーと思ったり。
古い家とかだと、実際にこう言うことってあり得そうだよね・・・。
私は見えないって言うか、気付かない方がありがたいけど。

でも、一番恐かったのは、実は白髪の魔女?だったんだけどね。
クローゼットが開いた瞬間、心拍数が跳ね上がったさ。

とってもよく練られたゴシック・ホラーな1本。

ブログランキング参加中♪参考になったら、クリックお願いします!

■面白度 : ★★★★
***********************
■アザーズ(The Others)
■製作 : 2001年/アメリカ・スペイン・フランス/104min
■監督 : アレハンドロ・アメナーバル
■出演 : ニコール・キッドマン/フィオヌラ・フラナガン/
 クリストファー・エクルストン/エレイン・キャシディ/エリック・サイクス
■場所 : 自宅(DVD)

■あらすじ
1945年、第二次世界大戦末期のイギリス、チャネル諸島のジャージー島。
グレースは、この島に建つ広大な屋敷に娘アンと息子ニコラスと3人だけで暮らしていた。
夫は戦地に向かったまま未だ戻らず、今までいた使用人たちもつい最近突然いなくなってしまった。
屋敷は光アレルギーの子どもたちを守るため昼間でも分厚いカーテンを閉め切り薄暗い。
そこへある日、使用人になりたいという3人の訪問者が現れる。
使用人の募集をしていたグレースはさっそく彼らを雇い入れるが、それ以来屋敷では奇妙な現象が次々と起こりグレースを悩ませ始める……。
スポンサーサイト
テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
アザーズ
のらねこさん、こんにちは。
アザーズは公開時に劇場で観ました。
ニコール・キッドマンが美しいですね…。
で、ラストにやられました!
>タネ明かしをされた上で薦められて観たんだけど・・・。
ちょっとお気の毒です…。

それではまた来ます。
2008/05/03(Sat) 14:27 | URL  | ketchup36oz #-[ 編集]
ketchup36ozさん
こんにちは。

>ちょっとお気の毒です…。

ウキャー、やっぱりそうですよね。
私も自分がかわいそうになりましたよ。

ニコール・キッドマンは、ある意味この役柄にぴったりな美しさですよね。
どうしたら、こんなお人形さんのような美しさを保っていられるのか。
秘密を知りたいです。
2008/05/04(Sun) 07:40 | URL  | のらねこ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。