スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハンティング・パーティ(The Hunting Party)
2008年04月15日 (火) | 編集 |

ハンティング・パーティ

■感想?
5/10公開の映画を一足先に試写会で。

リチャード・ギアもおっさんになっちゃったんだねぇ。
どーしても、プリティ・ウーマンのイメージが強烈なので、無精ひげ生やしてヨレヨレの格好を見ると悲しくなっちゃうなー。(笑

今回のストーリーは、実在の大物戦犯を追跡したジャーナリストたちの話がベースになってるらしい。
映画の中に、そのジャーナリストたちもチラリと登場させてるところが小憎らしい。
懸賞広告の連絡先が、国際電話で繋がらないなんてあり!?
嘘だろーって話にほんの少しでも真実を混ぜると、それなりに思えてしまうものなのね。
色々な国や機関の思惑で、実際のところはどーにでもなってしまう世の中なんだなーと、悲しくなってしまったりもするのだけれど、ブラックなユーモアで笑わせることで取りあえず、最後まで鑑賞できるようになっている。
って、笑っておしまいにして良い問題ではないんだろうけどね。

テレンス・ハワード演じる、ダックが"映像が必ずしも真実を伝えている訳ではない"っていうようなことを言っていたんだけど、それって、この映画自体にも言えることなんだよね。
人間は見たいようにしか見ないし、真実はいくらでも捻じ曲げることができてしまうのです。

社会派リチャード・ギアに会える1本。

■面白度 : ★★★☆
ブログランキング参加中♪参考になったら、クリックお願いします!
***********************
■ハンティング・パーティ(The Hunting Party)
■製作 : 2007年/アメリカ・クロアチア・ボスニア・ヘルツェゴヴィナ/103min
■監督 : リチャード・シェパード
■出演 : リチャード・ギア/テレンス・ハワード/ジェシー・アイゼンバーグ
■場所 : ヤクルトホール(試写会)

■あらすじ
紛争から5年、未だ危険地帯のある2000年のサラエボ。
かつては花形戦場リポーターだったサイモン、彼とともに戦火をくぐったカメラマンのダック、そして新米テレビプロデューサーのベンは、国連にもCIAにも捕らえられない戦争犯罪人“フォックス”を追うことに……。
スポンサーサイト
テーマ:☆試写会☆
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
映画サイト「シネトレ」さんの公認ブロガー枠で、有楽町のよみうりホールにリチャード・ギア主演の『ハンティング・パーティ』の試写会に昨日行ってきました。 もっともっと、社会派ドラマ然としたシリアスなだけのドラマなのかなと思っていたら、シリアスさを感じさせる...
2008/04/19(Sat) 12:05:42 |  cinema!cinema!~ミーハー映画・DVDレビュー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。