スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エア・バディ / ダンクを決めろ!(AIR BUD)
2008年04月14日 (月) | 編集 |

エア・バディ

■感想?
劇場未公開のディズニー映画。
メチャクチャ芸達者なゴールデンに脱帽しちゃうのだ。

意地悪なピエロと暮らしていたワンコが、偶然、少年と出会う。
少年は1年前に父親を亡くして孤独だった(この設定、必要?)けど、バディとの交流で元気になっていく。
で、このバディはバスケの天才犬て訳。
少年の学校のバスケットチームのマスコット犬として活躍したり、果ては試合にまで出ちゃう。
さすがに、犬と一緒に真剣勝負は如何なものかと思うんだけど、カワイイから許しちゃう。
でもって、お約束のように、元の飼い主(意地悪ピエロ)が登場して、少年とバディは引き離されちゃうんだけど、ラストはちゃんとハッピーエンドだ。

ディズニーらしい、いかにもなほのぼのストーリーなんだけど、分かっていながら癒されちゃうね~。
猫飼いとしては、どーしていつも、人間の最良のパートナーがワンコなんだろう・・・とやっかみたくもなるんだけど、今回は完敗っす。
だってこのバディ、屋根を歩くんだもん。
大きなゴールデンに、屋根を伝って2階にある少年の部屋に出入りなんてされた日には、猫派でもうなるって。

このワンちゃんシリーズ、野球やフットボール、ビーチバレーまであるらしい。
これだけ芸達者なら、何でもやらせてみたくなるよなーと妙に納得。
でも、実際問題として、バスケットボールを鼻先で打ち返すのって痛いよね?
撮影の時は、多少空気を抜いたりしてたんだよね?
体育の時間のバスケでしょっちゅう突き指してた私としては、ちょっと心配。

それとね、少年よ。
いくら意地悪ピエロが酷い飼い主だったとしても、やっぱり犬を盗むのは褒められたことぢゃないんだよ。

バディがいつも新聞を隠していた理由に最後になって気付いた1本。

■面白度 : ★★★★
ブログランキング参加中♪参考になったら、クリックお願いします!
***********************
■エア・バディ / ダンクを決めろ!(AIR BUD)
■製作 : 1997年/アメリカ/98min
■監督 : チャールズ・マーティン・スミス
■出演 : マイケル・ジェッター/ケヴィン・ゼガーズ/ウェンディ・マッケナ
■場所 : 自宅(GyaO)

■あらすじ
孤独な少年が出会った一匹の犬。
バディと呼ばれるその犬は実はバスケットバールの天才だった。
ディズニーが贈るハートウォーミングなファミリー映画。
スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。