スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マイ・ドッグ・スキップ(My Dog Skip)
2008年04月02日 (水) | 編集 |

マイ・ドッグ・スキップ

■感想?
うわぁ~、これ良い映画だなー。
9歳の誕生日ではないけれど、友人から貰った猫と一緒に成長してきたって、自他共に認めちゃう私としては、ウィリーとスキップの生活をついつい自分とシンクロして見てしまう。
勿論、猫はフットボールなんてできないし、他の友達と一緒になって駆け回ったりしないけど。

実話ベースのストーリー。
古き善き時代のアメリカ(ってことになるのかな)。
ウィリーとスキップだけぢゃなく、周りの人たちも皆、温かい。
町中の皆が、彼らを温かく見守ってくれちゃうのだ。
ラスト付近で、皆が動物病院に詰め掛けるシーンはさすがにないだろうって思ったけれど。
戦争とか人間特有の残酷な部分も見え隠れするんだけど、それでもちゃんと優しさが溢れている。

ウィリーは、子供らしい純真さで、戦争ごっこにふけったりするのだけれど、スペインの内戦で片足を失ったお父さんや、戦争の悲惨さから逃げ帰ったお隣のお兄さんを見ながら徐々にその空しさに気付いていったりして。

"勲章より、足があった方が良い"
"人を殺すことが恐くなった"

これ以外にも、スキップが行方不明になった時のお父さんとディンクの会話が凄く印象的。

ケヴィン・ベーコンが、こんな風に素敵な父親役をやってるっていうのも、予想外で得した気分。
でもって、スキップの利口っぷりに脱帽しちゃう。
こんな優秀な犬ってなかなかいないよね。
って猫飼いとしては、一応、猫の良さもアピールしなくちゃいけない気になったりして。

先月観た、犬と私の10の約束よりもずっと、心に残るストーリー。
比べるだけバカかもしれないけれど。

人間の成長には、ペットの存在は大切だと実感した1本。

■面白度 : ★★★★
他の人の感想が知りたかったらコチラへどーぞ。
***********************
■マイ・ドッグ・スキップ(My Dog Skip)
■製作 : 2000年/アメリカ/96min
■監督 : ジェイ・ラッセル
■出演 : フランキー・ムニッズ/ダイアン・レイン/ケヴィン・ベーコン
■場所 : 自宅(GyaO)

■あらすじ
1942年、ミシシッピーの片田舎ヤズー。
8歳の少年ウィリーは繊細で内気な性格から孤独な毎日を過ごしていた。
そんなウィリーを心配した母親は誕生日プレゼントにスキッパーと名付けた子犬をプレゼントする。
以来、スキップと呼ばれた非常に賢い子犬はウィリーの大親友となった。
しかし、ある日とある事件でショックを受けたウィリーはスキップに八つ当たりしてしまう……。
愛犬との友情を通して孤独な少年が成長していく姿を温かなタッチで描いたドラマ。
スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
はじめまして。
こんにちわ、はじめましてー。似たような時期に同じ映画の記事があったので思わずTBしちゃいました。この映画、犬とともに成長する少年の姿がしっかり描かれていましたよね~。私は何故かこの最後で号泣ですよ(笑)うちの犬はスキップほどお利口さんじゃないけどやっぱり大事ですからねぇ。
というわけでまたお邪魔させていただきますね。
2008/04/07(Mon) 18:12 | URL  | minori #-[ 編集]
■minorさん

はじめましてー。
似たような時期に同じもの観てましたか?(笑
私は犬は飼ったことないのですが、動物との絆にジ~ンとしちゃいました。
あっ、TBは上手くできてないみたいです。
ごめんなさいね。
後ほど、コチラからも遊びに行かせていただきまーす。
2008/04/07(Mon) 23:07 | URL  | のらねこ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。