スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハンニバル(HANNIBAL)
2008年03月14日 (金) | 編集 |
ハンニバル■感想?
羊たちの沈黙の続編。
かなり残酷でエグイシーンがテンコ盛りなのだけど、ついつい見てしまう。
過去に何度か見ていて、見るたびに後悔するほどヤラレテルはずなんだけど。
脳ミソのソテーなんて、クラリスと同じレベルでえずいてしまうし・・・。
おかげでラストの子供に、尊敬の念さえ感じてしまうほどだ。
今回もしばらくは、食べ物の選択に慎重になってしまうんだろーな。

って、それはさておき。
レクター博士とクラリスの微妙なバランス関係が面白い。
追う者と追われる者として相容れないはずなのに、ともすれば追う者同士よりも見事なチームプレイを披露してくれる。

クラリス役は、ジョディ・フォスターでも、ジュリアン・ムーアでも、違和感なく見れるのは、アンソニー・ホプキンスのおかげかな?
フィレンツェの町並みと音楽がまた良いんだよねー。

恐いもの見たさ的な心境で嵌る1本。

■面白度 : ★★★★☆
他の人の感想が知りたかったらコチラへどーぞ。
***********************
■ハンニバル(HANNIBAL)
■製作 : 2001年/アメリカ/131min
■監督 : リドリー・スコット
■出演 : アンソニー・ホプキンス/ジュリアン・ムーア/ゲイリー・オールドマン
 ジャンカルロ・ジャンニーニ /レイ・リオッタ
■場所 : 自宅(GyaO)

■あらすじ
あの惨劇から10年、レクター博士からクラリスに1通の手紙が届く。
そこには“クラリス、いまも羊たちの悲鳴が聞こえるか教えたまえ”と記されていた……。
スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。