スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アーサーとミニモイの不思議な国(ARTHUR ET LES MINIMOYS)
2008年03月13日 (木) | 編集 |
アーサーとミニモイの不思議な国■感想?
リュック・ベッソンの実写と3Dアニメを織り交ぜたファンタジー。
3Dアニメは正直好きな感じじゃないんだけど、声優は豪華だ!
マドンナにデヴィッド・ボウイ、デニーロまで登場しちゃってるんだから。
(って言っても、ラストのクレジットまで気付かなかったけどさw)

行方不明のおじいさんは、アフリカに行っているって設定だったのに、いつの間にか裏庭かよ!とか、背の高いナントカ族もアフリカぢゃなくってどこから来たの~??とか微妙に突っ込みたくなるところは満載だったりする。
国に行けるのは1人だけでも、出てくる時は2人でも大丈夫なの?
しかもミニモイ族って7つの国必要か?(この設定はいらないんぢゃないかなー)
なんて捻くれたことを思いつつ、それなりに夢と冒険が上手に現実と混ざっていて、子供なら楽しめるかもしれない。
残念ながら、本日の私は子供の気分ではなかったらしい。

年に1度の特別な満月の夜を待つには、自分は年を取りすぎたと思った1本。

■面白度 : ★★☆
他の人の感想が知りたかったらコチラへどーぞ。
***********************
■アーサーとミニモイの不思議な国(ARTHUR ET LES MINIMOYS)
■製作 : 2006年/フランス/104min
■監督 : リュック・ベッソン
■出演 : フレディ・ハイモア/ミア・ファロー/マドンナ/デヴィッド・ボウイ
■場所 : 自宅(DVD)

■あらすじ
好奇心旺盛な10歳の少年アーサーは、祖母の語る冒険家の祖父の昔話が大好きだった。
ある日、4年前に突然疾走した祖父の屋敷が人手に渡ることになる。
アーサーは祖父が昔、庭のどこかに埋めたルビーを借金の返済にあてようと、古い地図を頼りに宝探しを始めるが……。

スポンサーサイト
テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。