スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
女帝 / エンペラー(THE BANQUET/夜宴)
2008年02月16日 (土) | 編集 |
女帝■感想?
あぁ、これハムレットの中国版なのね。
見終わってから気付いた紹介文には、ハムレットを"ベース"にって書いてあったけど、納得。
ある意味、中国らしいわな。

映像も凝っていて綺麗なんだけど、建築様式やらなんやら、和洋中と美味しいトコを詰め込みました!的な感じがいかにもって鼻についてしまった。

でもって、先皇帝に皇太子との仲を裂かれて、更に叔父にも裂かれてってことわぁー、結局、二人の皇帝共に、王妃ワンが殺したってこと?
あのラストを見ると、皇太子のことも好きだったけどそれ以上に権力も好きって感じがするんだけど、どう?
って言うか、皆死んぢゃって良いのか!?
って言うか、王妃は誰に殺されたのか、凄い気になるんですけどー。

ハムレットは、本も読んだし舞台も見た。
オフェーリアの絵だって頭に浮かぶし、有名どころの台詞も覚えてるんだけど、なぜかラストだけ忘れてるんだよなー。

ダブルで消化不良を起こしそうな1本。

■面白度 : ★★★
***********************
■女帝 / エンペラー(THE BANQUET/夜宴)
■製作 : 2006年/中国・香港/131min
■監督 : フォン・シャオガン
■出演 : チャン・ツィイー/ダニエル・ウー/グォ・ヨウ/ジョウ・シュン
■場所 : 自宅(DVD)

■あらすじ
実の兄を殺して王位を奪い、甥にあたる皇太子ウールアンをも抹殺しようとしていた新皇帝リー。
皇帝を殺された王妃ワンは、密かに想いを寄せていた義理の息子である皇太子を守るため、リーとの結婚に同意する。
憎き男に抱かれながら、復しゅうを胸に秘めたワンは……。
スポンサーサイト
テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。