スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バタフライ・エフェクト(The Butterfly Effect)
2008年01月12日 (土) | 編集 |
バタフライ・エフェクト■感想?
ずっと気になっていて、やっと借りれた作品。
『小さなチョウの羽ばたきが、地球の裏側で台風を起こすこともある』なにやら小難しいカオス理論で始まる。
小さな少年は、時々記憶が途切れながら成長する。
ふと気付くと、父親に首を絞められていたり、包丁を手にしていたり、森の中で友達と一緒だったり・・・。
何で、何で??
話が進むにつれ、理由が分かってくる。
チョウの羽ばたきは、時間軸さえも捻じ曲げる。
面白いぢゃん、こういうのー!!
アニメ版の「時をかける少女」のようぢゃないか(汗

展開は多少強引で無理があるところも見え隠れするものの、
何度も過去に手を加え、最終的に出した結論は、ちょっとだけ切ないんだけど悪くない。

DVDには、本編とは異なるラストが2パターン特典映像として用意されている。
どれが良いかはとりあえず置いておいて。

自分も含め、誰かの小さな行動が他者に与える影響は、実に興味深いと思わせる1本。

■面白度 : ★★★☆
ブログランキング
読んで頂けたら、クリックをお願いします。
***********************
■バタフライ・エフェクト(The Butterfly Effect)
■製作 : 2004年/アメリカ/114min
■監督 : エリック・ブレス
■出演 : アシュトン・カッチャー/エイミー・スマート/ウィリアム・リー・スコット
■場所 : 自宅(DVD)

■あらすじ
幼い頃、ケイリーのもとを去るとき、エヴァンは、「君を迎えに来る」と約束した。
だが時は流れ、ケイリーとエヴァンは全く別の道を歩んでいた。
スポンサーサイト
テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。