スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
黄泉がえり
2006年05月18日 (木) | 編集 |
黄泉がえり■感想?
公開当時、気になりながらも見逃した映画。
その後も、テレビとかでやってたんだけど、途中で寝ちゃったりしてちゃんと見たことがなかった。
今回、気合を入れて借りてみた。
やっと全部見れた~~~。

実際には有り得ないんだけど、切ないファンタジーな世界に泣いてしまった。
ラストの柴咲コウ(RUI)のライブなんて、どっぷり浸ってしまったわよー。
思わず、CD買っちゃったしw

邦画にしては珍しく、時間を置いてまた見たくなりそうな1本。

■面白度 : ★★★★
***********************
■黄泉がえり
■製作 : 2002年/日本/126min
■監督 : 塩田明彦
■出演 : 草剛/竹内結子/石田ゆり子/哀川翔
 伊東美咲/忍足亜希子/RUI
■場所 : 自宅(DVD)

■あらすじ
九州阿蘇のとある地域。
ここで少し前から驚くべき現象が頻発していた。
死んだ者が、死後も自分のことを想い続けてくれた人の前に、ある日突然現われるのだ。
それは、ゾンビや幽霊などではなく死んだ当時のままの姿で蘇るのである。
最愛の人との再会に喜ぶ家族や恋人の一方で困惑する周囲の人々。
厚生労働省勤務の川田平太は故郷で起った謎の現象を解明するため現地に赴く。
そこで、川田は死んだ親友のフィアンセだった橘葵と再会する。
葵もまた恋人の黄泉がえりを待ちわびていた。
そんなある日、川田は<黄泉がえり>にある法則を見出すのだったが…。

スポンサーサイト
テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。