スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セレブの種(She Hate Me)
2008年01月05日 (土) | 編集 |
セレブの種■感想?
最初のうちは、正義感から内部告発をして窮地に陥った男が、それでも正義を貫くっていうシリアスなストーリーなのかと思ってたけど、違った。
内部告発をした結果、圧力をかけられて口座も凍結されて財政難になった彼のところに、元婚約者がやってくる。
彼女がなかなかクセモノって言うか、実はレズだったって設定。
で、レズカップルは子供が欲しい、彼はお金が必要。
ってことで、大して深く考えもせず精子を提供しちゃう。
これって、コメディーだったんだねぇ。
元婚約者の彼女は、次々とレズカップルを紹介してちょっとしたビジネスになる。
レッドブルが出てきた時は、思わず笑った。(エナジードリンクだっけ?)

最終的には、そんなビジネスから引退して、内部告発のおかげで会社の悪い人も逮捕されるし、元婚約者に愛を告白して、ベビーの父親としてレズカップルと家族になる、と。

うーん。
つまらないとは言わないけれど、2時間を越える長さはやっぱり苦痛だ。
「25時」のとき同様に、モヤモヤも残るし・・・。
この監督とは、合わないのかもしれない。

ラストでパパが言ったような『良い家族』とは、とても思えなかった1本。

■面白度 : ★★★
ブログランキング
読んで頂けたら、クリックをお願いします。
***********************
■セレブの種(She Hate Me)
■製作 : 2004年/アメリカ/140min
■監督 : スパイク・リー
■出演 : アンソニー・マッキー/ケリー・ワシントン/エレン・バーキン/モニカ・ベルッチ
■場所 : 自宅(GyaO)

■あらすじ
ハーバード大学のMBAを取得し、大企業に勤める超エリートのジャックは、内部告発をして解雇されてしまう。
一夜にして文無しになった彼は、生活費を稼ぐためレズビアンの元彼女から“種付け”の依頼を引き受ける。
そんな彼のうわさは瞬く間に子どもが欲しいレズビアンたちの間で広まり、商売繁盛となるが……。

スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。