スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先生のお気に入り(TEACHER'S PET)
2007年12月11日 (火) | 編集 |
先生のお気に入り ■先生のお気に入り(TEACHER'S PET)
 ■製作 : 1958年/アメリカ/120min
 ■監督 : ジョージ・シートン
 ■出演 : クラーク・ゲイブル/ドリス・デイ/ギグ・ヤング
 ■場所 : 自宅(DVD)
 ■面白度 : ★★★

■あらすじ
上司から私立大学での講演を命じられ嫌々学校に赴いた新聞記者のジムは、担当の美人教授に惹かれてしまい、生徒になりすまして学内に潜り込むが…。

■感想?
「風と共に去りぬ」のレッド・バトラーで嵌ったクラーク・ゲイブル。
下品スレスレのニンマリした笑い方が結構お気に入り。
彼の映画は何本か見ているんだけど、これは中でも楽しめる部類に入るかもしれない。

学歴なしのたたき上げできたジムは、結構酷い内容の手紙で公演依頼を断るんだけど、当日、上司命令でその教授の授業に顔を出す。
自分の素性を明かす前に、手紙をネタに笑われたもんだから、仕返しとばかりに生徒になりすます。
でもって、教授に惹かれるんだけど、学歴バリバリのライバル登場。
この辺りのやり取りが面白い。(2枚目半ぷりが、しっかり笑える)
このライバルは良い奴で、キューピッドになってくれる。
結局は、ジムが自分でぶち壊しちゃうんだけど、この展開は彼らしくて良いな。

クラーク・ゲイブルのラブコメなら、断然「或る夜の出来事」の方が面白いけど、これもなかなかどうして。
2時間はちょっと長いけど、50年前の作品としては十分楽しめる。

たまにはモノクロ映画を楽しみたくなる1本。

ブログランキング
読んで頂けたら、クリックをお願いします。

スポンサーサイト
テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。