スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジャック・フロスト(Jack Frost)
2007年12月02日 (日) | 編集 |
ジャック・フロスト ■ジャック・フロスト(Jack Frost)
 ■製作 : 1998年/アメリカ/101min
 ■監督 : トロイ・ミラー
 ■出演 : マイケル・キートン/ケリー・プレストン/ジョセフ・クロス
 ■場所 : 自宅(GyaO)
 ■面白度 : ★★★☆

■あらすじ
死んだ父親が、子供を思うあまり雪だるまに乗り移って活躍するファンタジー・ドラマ。
ジャックは妻ギャビーと息子のチャーリーと幸せな日々を送っていた。
が、クリスマス当日、ジャックは突然の事故で死んでしまう。
それから1年後のクリスマス。ジャックは雪だるまとなって息子のもとに戻ってくる。
だが、チャーリーは、彼のことを雪の精としか思わない。
ジャックは自分が父親であることを何とか分からせようと奔走する。

■感想?
パパが雪だるまってキッツイなー、なんて思いつつも、しっかりウルウルしてしまった。
まだまだ、童心が残ってて、ピュアなのね、私も(おいっ)

しょっぱなのパパバンドの雪だるまソングであそこまでのれないだろーとか、
いくら力説されても、やっぱりパパが雪だるまって言うのは、12歳には厳しいとか
色々と葛藤というか抵抗はあるものの、パパが溶けないように雪山に行く辺りは
もー、泣かずにはいられないっていうか、なんていうか。
雪だるまをパパと認めるチャーリー・ボーイも純粋で良い子なんだけど、
自分が雪だるまってことをスンナリ(それなりにぼやいてたけど)受け入れたパパも凄い。
いじめっ子軍団との、スノーボードとかソリに乗っての追いかけっこは楽しそうだな、うん。

どーでも良いことなんだけど、外国の雪だるまって3頭身なんだね。
日本だったら、2頭身がメジャーだよね?

クリスマスにはちょっと切ないラストだけれど、心が温まる1本。

ブログランキング
読んで頂けたら、クリックをお願いします。

スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。