スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
幸せのちから
2007年01月15日 (月) | 編集 |
thepursuitofhappyness ■タイトル : 幸せのちから(the pursuit of happyness)
 ■製作 : 2006年 / アメリカ
 ■監督 : ガブリエレ・ムッチーノ
 ■出演 : ウィル・スミス / ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス / タンディ・ニュートン
 ■面白度 : ★★★


■あらすじ
骨密度を測る新型医療機器のセールスマンとして生計を立てるクリス(ウィル・スミス)は、大儲けを見込んで買い取った機器を思うように売ることができず、家賃や税金を払えない状態に陥ってしまう。
妻のリンダ(タンディ・ニュートン)にも去られた彼は、証券会社の正社員を目指して養成コースを受講しようとするが……。

■感想?
予告編を観て、絶対観たい!と思ってた1本。
試写会に行ってきました。
ウィル・スミス親子の初共演、実話を素にしたストーリーってことで、前評判は上々?
だけど、実際観て見ると、うーん。なんだかなぁ、と言う感じ。
アメリカンドリームってことになるのかなあ。
どん底生活を見せられて、「俺はこんな中から必死に這い上がったんだ」ってことなんだろうけど、「俺は凄いんだぞ」的な匂いが鼻につくと言うか・・・。
幸せを追求する姿勢が、独善的なアメリカらしいと言えば、らしいのか?
第一、壊れた部品を詰め替えて、新品として売るのはアリな訳?

骨密度を測る機械はミシンにしか見えなかったし、取られた機械がそう都合よく見つかるのか?とか思ったりもして、なんだか否定的な意見しか浮かばないんだけど、ルービックキューブが懐かしいと思ったり、ウィル・スミス父子の演技自体は悪くないって思うんですよ、一応ね。


スポンサーサイト
テーマ:☆試写会☆
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
はじめまして、memochiと申します。
実は、私も予告編を観て、気になっていた映画でした・・。が、あまり期待を持っていかない方が良さそうですね。
2007/01/17(Wed) 14:42 | URL  | memochi #-[ 編集]
memochiさま

はじめまして~♪
そーなんです。
予告編を観ると、とっても感動できそうな気がするんですよね。
で、その気になって観に行ったんですが、「あれ??」って感じでした・・・。
時々、予告編は最高なのに、本編は・・・という映画があるじゃないですか。
どちらかというと、そっちに入ってしまいそうな1本でした。
ただ、拍手をしている人たちもいましたし、多くの方が絶賛してたりするので、期待しすぎなければ、楽しめると思いますよー。

これから、どうぞ宜しくお願いします。
2007/01/18(Thu) 08:19 | URL  | のらねこ #-[ 編集]
のらねこさ~ん
今は旅行中かな?
ブログと日記が別個になっちゃったんで、たまにはこっちにも遊び来なくちゃ!ですよ~^^

私もコレ観ましたよ~
ハートフルな作品だけど淡々と進んで行くな~って思いました。
ハルベリーのチョコレート観ました?
ソレを思い出しました。けど、チョコレートはものすっごく淡々としてるけど、だからかな?、かなりグッと来るものがあり胸が締め付けられましたね~
こっちは、そこまで無かったかな?^^;
2007/02/08(Thu) 22:03 | URL  | あいたま #-[ 編集]
あいたまさ~ん

ただいまです。
無事に旅行から戻ってきました。

おっ、あいたまさんも観ましたか、コレ。
そう、そう。そーなんですよ。淡々と進む!まさにそんな感じ。
感動するタイミングが分からないんですよね。
チョコレート、息子が自殺しちゃうやつでしたっけ?
色々考えさせられて気がします。
2007/02/11(Sun) 04:27 | URL  | のらねこ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
幸せのちから『幸せのちから』(''The Pursuit of Happyness'')は2006年のアメリカ映画。事業の失敗によりホームレスになるまで落ちぶれたが、最終的には成功を掴んだ実在の
2007/02/03(Sat) 03:52:56 |  みおのblog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。