スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミッドナイト イーグル
2007年11月12日 (月) | 編集 |
ミッドナイト イーグル■感想?
今年の東京国際映画祭のオープニング映画。
原作は、同名小説だそうです。(読んでません)

キャストは豪華なんぢゃないでしょうか。
内容的には、うーん・・・。微妙。
なんと言うか、イマイチ危機感というか緊迫した雰囲気が伝わらないんだよなー。
工作員に襲われた時点で、あの真っ赤のジャンパーは目立ちすぎるからどうにかしよう、
とか思わないのかな、普通。
ついでに総理周辺の人たちも、もっと焦って良いんぢゃない?
日本の、アジアの危機に直面してるって感じがどうしても足りず、何度も鼻で笑ってしまった。

あっ、吉田栄作の演技は、悪くないと思ったよ。(珍しく褒めちゃう)
ラスト付近では、子供を使って泣かせよう!って作戦がビンゴで、周囲では鼻を啜ってる方が大勢いました。
実は私もウルッとキタし。あはっ。

チープさも突っ込みどころも満載だったりするんだけど、それなりに泣ける1本。

■面白度 : ★★★
ブログランキング
読んで頂けたら、クリックをお願いします。
****************
■ミッドナイト イーグル
■製作 : 2007年/日本/131min
■監督 : 成島出
■出演 : 大沢たかお/竹内結子/玉木宏/吉田栄作/
■場所 : よみうりホール(試写会)

■あらすじ
ある晩、米軍の戦略爆撃機"ミッドナイトイーグル"が、北アルプスの上空で消息を絶った。
そのころ、ちょうど北アルプスで撮影をしていた元戦場カメラマンの西崎は、
偶然にも墜落する赤い光を撮影する。
西崎と新聞記者の落合は北アルプスへと向かうが、2人がそこで見たものは
真っ白に武装した自衛隊の行軍だった。

スポンサーサイト
テーマ:☆試写会☆
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。