スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウワサの真相/ワグ・ザ・ドッグ(WAG THE DOG)
2007年11月09日 (金) | 編集 |
ウワサの真相/ワグ・ザ・ドッグ■感想?
面白い。面白いんだけど、途中から笑えなくなってくる。
リアルに有り得そうなブラックコメディだ。
今から10年前の映画ってところがなんとも・・・。
当時はクリントン大統領のスキャンダルとイラク戦争があったから、
余計にそう思っちゃうのかな?
本当にここまでしちゃう?ってくらいのでっち上げっぷりなんだけど、
戦争はショービジネスって言ってたように、
あちらの国の対応は頷ける部分があって顔が引きつってしまった。

メディアの力っておっかない。
知らない間に情報操作されて、それを信じちゃってるんだもん。
尻尾が犬を振る。
振り回されてる犬(自分)が哀れだねー。

極端すぎる皮肉に当てられた1本。

■面白度 : ★★★☆
ブログランキング
読んで頂けたら、クリックをお願いします。
****************
■ウワサの真相/ワグ・ザ・ドッグ(WAG THE DOG)
■製作 : 1997年/アメリカ/97min
■監督 : バリー・レヴィンソン
■出演 : ダスティン・ホフマン/ロバート・デ・ニーロ/アン・ヘッシュ/
 ウディ・ハレルソン/ウィリー・ネルソン/キルステン・ダンスト
■場所 : 自宅(GyaO)

■あらすじ
現役合衆国大統領が執務室で少女と淫行に及ぶという衝撃的事件が発生。
通称もみ消し屋ことブリーンが、大衆の目を事件からそらすように依頼される。
ブリーンはハリウッドのプロデューサー、モッツを利用し、架空の戦争をでっちあげる。
爆撃作戦を実行したように思わせ、反戦ソングを一晩で作り上げる。
すべてはうまくいったように見えたのだが……。

スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
大統領のスキャンダル(女性問題)を もみ消すために偽の情報をマスコミに リークして大衆の目をそらそうとする。 世の中自分の目で確認したことが すべてだと思います。 新聞やテレビに書いたことを すべて信じていたらとんでも ないことになります。 そういや中国のダン..
2008/07/28(Mon) 22:06:45 |  Watch IT!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。