スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アメリカン・スウィートハート(America's Sweethearts)
2006年12月21日 (木) | 編集 |
アメリカン・スウィートハート■感想?
あらすじとジュリアに惹かれて借りてみた。
キャストも豪華だしね。
でも、期待したような内容ぢゃなかったな。

これってコメディなのね。
しょーもないギャグやパロディに、ついつい笑ってしまったけど。
まぁ、ドタバタしながらも結局はハッピーエンドに落ち着いて良かったんぢゃない?

とりあえず、キャストに釣られた1本。

■面白度 : ★★★
ブログランキング
読んで頂けたら、クリックをお願いします。
****************
■アメリカン・スウィートハート(America's Sweethearts)
■製作 : 2001年/アメリカ/103min
■監督 : ジョー・ロス
■出演 : ジュリア・ロバーツ/キャサリン・ゼタ・ジョーンズ/ジョン・キューザック/
 ビリー・クリスタル/ハンク・アザリア
■場所 : 自宅(DVD)

■あらすじ
キキはハリウッドの人気女優グウェンの妹で彼女の付き人をする独身女性。
姉に向けられるスポットライトの影で裏方に徹する地味な毎日。
そんなキキはグウェンの夫でこちらも人気俳優のエディに密かな恋心を抱いていた。
大物同士の結婚に“理想のカップル”と言われたグウェンとエディも、グウェンの浮気をきっかけに
現在は別居状態。
しかし、いまだにグウェンへの未練を断ち切れないエディにとってキキは単なるかわいい妹。
そんなある日、やり手宣伝マンのリーが、話題づくりのために二人の復縁に手を貸してくれ、
とキキに話を持ちかけてきた。

スポンサーサイト
テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。