スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マイティ・ハート / 愛と絆(A MIGHTY HEART)
2007年11月05日 (月) | 編集 |
マイティ・ハート■マイティ・ハートの感想?
殺害された記者の妻が綴った手記を基にした社会派ドラマというだけあって、ヘビーだ。
ブラピが製作を勤め、妊婦のアンジーが、妊婦のマリアンヌ役をやっているってことでも話題かもしれないけれど。
安易な気持ちで見ると、やられちゃう。

正直、宗教とか民族とか分からない。
登場人物も敵か味方か認識できず、どれも同じような人に見えてしまった私ですが、
ダニエルの死を伝えられたマリアンヌの慟哭は胸にキタ。
それまでずっと気丈にしていた彼女の姿に、なぜそんな風に構えていられるんだろう?と
不思議で仕方なかっただけに、衝撃的だった。
ただし、その後、息子を出産するにあたって、同じように絶叫していたシーンを見ると
なんだかガッカリっていうか、拍子抜けしてしまったのだけれど。

強い心で互いを理解し認め合い、悲しい出来事のない世の中が一番だよ。

共感するのはちょっと難しい1本。

■面白度 : ★★☆
ブログランキング
読んで頂けたら、クリックをお願いします。
****************
■マイティ・ハート / 愛と絆(A MIGHTY HEART)
■製作 : 2007年/アメリカ/108min
■監督 : マイケル・ウィンターボトム
■出演 : アンジェリーナ・ジョリー/ダン・ファターマン/アーチー・パンジャビ/
 イルファン・カーン/ウィル・パットン/デニス・オハラ
■場所 : 一ツ橋ホール(試写会)

■あらすじ
2002年のパキスタンで、ウォールストリート・ジャーナルの記者ダニエルは、
妻マリアンヌとディナーの約束をした後、ある取材に出かける。
しかし、それを最後に彼との連絡は途絶えてしまう。
妊娠中のマリアンヌと友人たち、地元警察などによる懸命の捜索が開始されるが……。


スポンサーサイト
テーマ:☆試写会☆
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。