スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スリー・トゥ・タンゴ / 恋の変形トライアングル(THREE TO TANGO)
2007年10月31日 (水) | 編集 |
スリー・トゥ・タンゴ■感想?
ゲイって先入観を持ってみると、言動全てがそう思えるから不思議。
でも本人は、自分がそんな風に見られているなんて、思ってない。
仕事を取るために愛人の監視を頼まれて(引き受けるのはヤだな)、
その愛人に一目惚れしちゃうんだからお気楽だ。
で、なんとな~くウマくいってる気になったところで、
「あなた、ゲイなんでしょ」なんて言われてしまって大ショック!
挙句に、憧れのアメフト選手を紹介されて、口説かれる。
ヤケッパチ気味にマスコミのインタビューに答えれば、新聞に載ちゃって、
バスで口説かれたり、"ナイスゲイ"なんて称号を貰って、更に誤解が深まってしまう。
この辺りの災難っぷりが面白い。
(ゲイと女の子は、ベッドで一緒に映画を観るのがお約束なのかな?)

ラストはちゃんと予想通りのハッピーエンドが用意されてます。
オマケとして実は、ゲイカップルはコンペのライバルオヤジたちで
ついでに言うと嫌な奴代表の社長は、ちょいヘンタイさん?みたいな。

"ツナメルト"って初めて知った1本。

■面白度 : ★★★

読んで頂けたら、クリックをお願いします。
****************
■スリー・トゥ・タンゴ / 恋の変形トライアングル(THREE TO TANGO)
■製作 : 1999年/アメリカ/98min
■監督 : デイモン・サントステファーノ
■出演 : マシュー・ペリー/ネーヴ・キャンベル/ディラン・マクダーモット/
 オリヴァー・プラット
■場所 : 自宅(GyaO)

■あらすじ
若手建築士のオスカーは、ひょんなことから実業家チャールズにゲイと間違えられる。
“ゲイなら安心”とばかりにチャールズに愛人・エイミーの監視を依頼されたオスカーは、その仕事を受けることに。
ところがあろうことか、オスカーはエイミーに一目惚れ。だが、エイミーにはゲイだと思われたままで…。





スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。