スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブレイブ ワン(THE BRAVE ONE)
2007年10月26日 (金) | 編集 |
■ブレイブ ワンの感想?
重くて救いのないストーリー。
『許せますか、彼女の"選択"』というコピーについては、
"理解できない"と答えるしかない。
エリカが「ニューヨクは世界一安全な街」と言っていたけれど、
そんなイメージを持ったことは一度もない。
(むしろ、ニューヨークでは、リアルに有り得そうな話だと思えた)

そもそも、なぜ夜の公園になんか散歩に行ったの?と思ってしまうのだから
感情移入などできるはずもないのだ。
理不尽な暴力の結果、婚約者を失い、病院のベッドで気付いたときは、
既に葬儀が終わってたってところは切なくなったし、外に出る恐怖までは付いていけた。
でも、銃を手に入れる辺りから付いていけない。
(ここは日本で、銃など簡単には手に入らないのだから)

コンビニでの出来事は、100歩譲って正当防衛でも良いけれど、
そこから先の選択は考えられない。
アパートの隣人の行動もそうだし、
犯人の彼女だって、どうしてあんな動画を送ってきたのか・・・。
まぁ、それを転送することで、ラストの刑事さんの選択に繋がるんだろうけど
それこそ許せないと言いたくなった。
良い人だと思っていただけに、裏切られた気分。
警察が肯定してしまって良いの?
復讐が果たせたからと言って、それが良かったとはとても思えなかったし
彼女の今後は、相変わらず暗いトンネルの中だ。

日テレ主催の試写会で、"この映画を友達に勧めるか?"というアンケートがあったけど、薦めたいとは思わなかったです。
ジョディーの演技とかは、気迫が籠もってたけど、受け付けない。
後味が悪すぎるのだ。(2時間で一体何人死んだんだか)
殺された婚約者役のナヴィーンは、LOSTのサイードだね。

銃なんて簡単に手に入らない社会の方が良いと思った1本。

■面白度 : ★★★
****************
ブレイブ ワン ■ブレイブ ワン(THE BRAVE ONE)
 ■製作 : 2007年/アメリカ・オーストラリア/122min
 ■監督 : ニール・ジョーダン
 ■出演 : ジョディ・フォスター/テレンス・ハワード/ニッキー・カット/
 ナヴィーン・アンドリュース/メアリー・スティーンバージェン/
 ■場所 : 東京厚生年金会館(試写会)

■あらすじ
ニューヨークでラジオ番組のパーソナリティを務めるエリカは、
婚約者であるデイビッドとの挙式を目前に控えた身。
しかし、ある日の夕暮れ、愛犬を連れて散歩に出かけた2人は
3人組の暴漢に襲われ、エリカは意識不明の重体となり、
デイビッドは命を落としてしまう。


スポンサーサイト
テーマ:☆試写会☆
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。