スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダ・ヴィンチ・コード(THE DA VINCI CODE)
2006年05月31日 (水) | 編集 |
■感想?
本を読む前にパリに行ったら、本の舞台となったルーブルや教会に
沢山の外国人観光客が押し寄せていました。
帰国してから本を読んで、今回、映画館へ。
(ちょっと順番を間違えたかもしれない)

今回の映画は、キャストは豪華だし、演技だって悪くないんだけど、
"完全映画化"という割には、ちょいと物足りない。
原作自体、ラストで「え~っ」てがっかりしたんだけど、映画よりは楽しめた。
このテの映画を観るとき、原作が先か映画が先かって考えるんだけど、
原作に思い入れがあればあるほど、映画を見てしまうとガッカリ感が強くなっちゃう。
この映画は原作を読まずに見ると、ちょっと忙しいかもしれないけど、
もしかしたら、その方が楽しめるかもしれない。

原作に負けた1本。

■面白度 : ★★★
****************
ダ・ヴィンチ・コード ダ・ヴィンチ・コード(THE DA VINCI CODE)
 ■製作 : 2006年/アメリカ/150min
 ■監督 : ロン・ハワード
 ■出演 : トム・ハンクス/オドレイ・トトゥ/イアン・マッケラン/
 アルフレッド・モリナ/ジャン・レノ/ポール・ベタニー
 ■場所 : TOHOシネマズ六本木

■あらすじ
ルーヴル美術館の館長の死体が発見され、周りには不可解な暗号が残されていた。
暗号の中には館長がその日、会うことになっていたハーヴァード大学のラングドンの名前が含まれ、疑いを掛けられたラングドンは現場に呼び出されるのだった。


スポンサーサイト
テーマ:映画館で観た映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。