スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宇宙戦争(WAR OF THE WORLDS)
2005年06月29日 (水) | 編集 |
■感想?
恐ろしくお金をかけた超大作って聞いてたんだけど、何ぢゃコリャ。
大失敗??
トムはただ、ただ逃げるだけだし。
カワイイはずのダコタちゃんは、叫んでただけぢゃない?
そもそも、このロボットはなんだ?ラストはなんだー!!

スピルバーグって、もっと凄い人だと思ってたんだけど・・・。
って言うか、コレってリメイクなの?
なんでこんなツマラン映画をリメイクするのか分からない。

お金を返してほしくなってしまった1本。

■面白度 : ★★
****************
宇宙戦争 ■宇宙戦争(WAR OF THE WORLDS)
 ■製作 : 2005年/アメリカ/114min
 ■監督 : スティーヴン・スピルバーグ
 ■出演 : トム・クルーズ/ダコタ・ファニング/ティム・ロビンス/
 ジャスティン・チャットウィン/ミランダ・オットー
 ■場所 : ヴァージンシネマ六本木

■あらすじ
アメリカ東部のニュージャージーに暮らすレイは労働者階級のごく平凡な男。
別れた妻との間には息子のロビーと娘レイチェルがいた。
そして子どもたちとの面会の日、その異変は何の前触れもなく唐突に訪れた。
晴天だった空が突如不気味な黒い雲に覆われると、吹き荒れる強風の中、
激しい稲光が地上に達し、地面に巨大な穴を空ける。
すると大地が震え、地中で何者かが激しくうごめき始めたのだった。
その光景を呆然と見つめていたレイ。
町が次々と破壊され、人々がパニックに陥る中、レイは子どもたちのもとへ駆けつけ、彼らを守るため懸命に奔走するのだった。


スポンサーサイト
テーマ:映画館で観た映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。