スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
炎のメモリアル(LADDER 49)
2005年05月25日 (水) | 編集 |
■感想?
消防士って凄い仕事だ。
自分の命の危険を顧みず、火の中に入って行くんだから。
でもって、彼らは普通の人なのだ。
仲間が殉職すれば、明日は我が身だと思うし、家族のことも考える。
家族は心配しながらも、そんな夫を誇りに思ってる。

死ぬ時って今までの人生が走馬灯のように~って言うけれど、
この映画もそんな感じです。
でも、予備知識なしで見に行ったので、最後は助かるんだよね?って
しつこく期待してしまった。(グスン)
そんなに綺麗ごとだらけぢゃないわよね、やっぱり。

久々に「バックドラフト」が見たくなった1本。

■面白度 : ★★★☆(3.5)
****************
炎のメモリアル ■炎のメモリアル(LADDER 49)
 ■製作 : 2004年/アメリカ/116min
 ■監督 : ジェイ・ラッセル
 ■出演 : ホアキン・フェニックス/ジョン・トラヴォルタ/
 ジャシンダ・バレット/ロバート・パトリック/モリス・チェスナット
 ■場所 : ヴァージンシネマ六本木

■あらすじ
ボルティモアの穀物倉庫で大規模な火災が発生。
現場へ駆けつけた消防士のジャック・モリソンは、爆発の危機をはらんだ建物の中に飛び込み、12階に取り残された生存者の救出に全力を尽くすが……。


スポンサーサイト
テーマ:映画館で観た映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。