スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
五線譜のラブレター(DE-LOVELY)
2004年12月29日 (水) | 編集 |
五線譜のラブレター ■五線譜のラブレター(DE-LOVELY)
 ■製作 : 2004年/アメリカ/125min
 ■監督 : アーウィン・ウィンクラー
 ■出演 : ケヴィン・クライン/アシュレイ・ジャッド/
 ジョナサン・プライス/ケヴィン・マクナリー/サンドラ・ネルソン
 ■面白度 : ★★★☆(3.5)
 ■場所 : シャンテシネ

■あらすじ
1920年代のパリ。
作曲家コール・ポーター(ケビン・クライン)は上流階級の美女リンダ(アシュレイ・ジャッド)と惹かれ合い、まもなく結婚。
リンダはポーターの作曲活動を支える存在となるが、その一方、ポーターには同性愛癖があった。

■感想?
コール・ポーターの半生。
この人知らないんですけど、良いですか?
で、見はじめる。
随所に歌が出て来ると、なんだか聞いたことあるかも~♪

相手がゲイ(バイだっけ?)だって知ってて結婚できちゃう奥さんて凄い。
幾ら才能に惚れたからって、私には無理。
オマケに自分が死んだ後のことまで考えていくなんて絶対できない。

やたらとミュージカルチックになるのって苦手なんだけど、
コレは、まぁ楽しめました。
今年最後の映画ってこともあって、オマケの3.5です。

ちょっと毛色の変わった1本。


スポンサーサイト
テーマ:映画館で観た映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。