スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネバーランド(FINDING NEVERLAND)
2004年12月22日 (水) | 編集 |
ネバーランド ■ネバーランド(FINDING NEVERLAND)
 ■製作 : 2004年/アメリカ/100min
 ■監督 : マーク・フォースター
 ■出演 : ジョニー・デップ/ケイト・ウィンスレット/
 ジュリー・クリスティ/ラダ・ミッチェル/ダスティン・ホフマン
 ■面白度 : ★★★☆(3.5)
 ■場所 : 虎ノ門ホール(試写会)

■あらすじ
ロンドンの劇場で劇作家のジェームズ・バリ(ジョニー・デップ)は
新作の『リトル・メアリー』の初日を迎えていた。
しかし、観客の反応は芳しくなく、翌日の新聞でも、酷評されてしまう。
失意の中で日課の散歩に出かけるジェームズ・バリはそこで無邪気に遊んでいる子供を目にする。

■感想?
ジョニー・デップを見たくて試写会へ。

ピーター・パンは、こうしてできたのか!
早く大人になりたかったピーター。
少年の心を持った大人になりきれないバリ。
彼らの交流の中で、ピーター・パンの様々なシーンが生まれる。

「心から信じていれば、ネバーランドへはいつでも行ける」
う~ん、行ってみたいな。

なんとなく、ヌルい気もするけど、ホンワカ温かくなれる。
劇場に招待された子供たちが、フワリと浮かんだピーター・パンを見た時とか。


珍しく普通のジョニー・デップが見れる1本。

スポンサーサイト
テーマ:☆試写会☆
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。