スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いま、会いにゆきます
2004年12月08日 (水) | 編集 |
いま、会いにゆきます ■いま、会いにゆきます
 ■製作 : 2004年/日本/119min
 ■監督 : 土井裕泰
 ■出演 : 竹内結子/中村獅童/武井証/美山加恋/
 浅利陽介/平岡祐太
 ■面白度 : ★★★★
 ■場所 : ヴァージンシネマ六本木

■あらすじ
秋穂巧は一年前、妻の澪に先立たれ、以来ひとり息子の佑司と2人で
つましくも幸せに暮らしていた。
そんな梅雨のある日、逝ったはずの澪が森の中に姿を現わす。
だが、彼女は生前の記憶を一切失ってしまっていた。
それでも巧と佑司は澪を温かく迎え3人での生活を再び始めることに。
そして、巧は彼女に自分たちの恋の歴史を語るうち、互いの間に
“二度目”の恋が芽生え、佑司は“二度目”となる母と息子の交流に
心から喜んでいた。
こうして、彼らの幸せな暮らしは以前と変わらず永遠に続くと思われたが…。

■感想?
珍しく邦画を見ました。
そして、思いっきり泣いちゃいました。
あー、そういう話なのね。
良いぢゃん、こういうファンタジーな設定。
成長した佑司君に会えるなんて嬉しいぢゃない。
雨の季節が終わったらサヨナラなんて切ないよ。
病院の先生もケーキ屋さんも巧さんの同僚も、みんな良いっ。

食わず嫌いな邦画だったけど、意外と面白いかもしれない。
これからは、もう少し観に行ってみようかな。

雨の季節に見たくなる1本。


スポンサーサイト
テーマ:映画館で観た映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。