スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ターミナル(THE TERMINAL)
2004年12月06日 (月) | 編集 |
ターミナル ■ターミナル(THE TERMINAL)
 ■製作 : 2004年/アメリカ/129min
 ■監督 : スティーヴン・スピルバーグ
 ■出演 : トム・ハンクス/キャサリン・ゼタ=ジョーンズ/
 スタンリー・トゥッチ/チー・マクブライド/ディエゴ・ルナ
 ■面白度 : ★★★★
 ■場所 : よみうりホール(試写会)

■あらすじ
ニューヨークJFK国際空港。
この日、ビクター・ナボルスキーは、はるばる東ヨーロッパのクラコウジア
という小国からある大事な約束を果たすためにやって来た。
だが、いざ入国しようとした矢先、彼の国でクーデターが発生し、
事実上国家が消滅してしまう。
これによってパスポートが無効となった彼は、アメリカへの入国を拒否される。
しかも情勢が安定するまでは帰国することもできず、空港内に完全に
足止めされてしまう。
英語も分からず通貨も持っていない彼は、やむを得ずこのターミナルの中で
寝起きしながら事態が改善するのを待つのだったが…

■感想?
こんなことって有り得る?と思っちゃうんだけど、
フランスの空港で似たようなことがあったって聞いた気がする。

最初は言葉も分からないし、お金もない。
だけど、カートを片付けるとお金が戻ってくることに気付いて頑張っちゃう。
この辺り、思いっきり笑わせてもらった。
英語もだんだんと覚えてきて、空港内でも意外と暮らしていけるんだね。

父親との約束を果たすっていう設定はホロリとして良いんだけど、
ラブストーリーはいらないかな。


トム・ハンクスのアドリブが光る1本。


スポンサーサイト
テーマ:☆試写会☆
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。