スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ディスクロージャー(DISCLOSURE)
2007年06月22日 (金) | 編集 |
DISCLOSURE ■ディスクロージャー(DISCLOSURE)
 ■製作 : 1994年/アメリカ
 ■監督 : バリー・レヴィンソン
 ■出演 : マイケル・ダグラス/デミ・ムーア/ドナルド・サザーランド/
 キャロライン・グッドオール/デニス・ミラー/ロマ・マフィア
 ■面白度 : ★★★☆(3.5)
 ■場所 : 自宅(DVD)

■あらすじ
昇進を見送られ、別会社との合併問題で困惑していたトムの元に
新任の女上司が配属されてくる。
その上司は10年前、激しく愛し合った元恋人だった。
ある日、彼女の誘惑を拒否したのをきっかけに、
巨大な陰謀の影に気づき始めた彼のもとに、
差出人不明のダイレクトメールが送られて来た……。

■感想?
公開当時、逆セクハラで話題を呼んだマイケル・クライトン原作のサスペンスもの。
M・ダグラスがセクハラされて、D・ムーアが迫るなんて!
なんだか、イメージがアベコベだ(笑
それはそれで、面白かったけど。(悪趣味か?)

実際には、セクハラ訴訟の裏に、もうひとつ問題が隠れてるんだけど、
そんなのそっちのけで楽しんでしまった。
あのバーチャルマシーン、面白そうだな。
エンジェルのCGは、頂けないけど。

セクハラって、女性がするとおっかないねー。
同性から見ても、プルプル震えちゃうよ。


リアルな恐さがある1本。

スポンサーサイト
テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。