スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フォーリング・ダウン(FALLING DOWN)
2007年08月18日 (土) | 編集 |
FALLING DOWN ■フォーリング・ダウン(FALLING DOWN)
 ■製作 : 1993年/アメリカ
 ■監督 : ジョエル・シューマカー
 ■出演 : マイケル・ダグラス/ロバート・デュヴァル/
 レイチェル・ティコティン/フレデリック・フォレスト
 ■面白度 : ★★
 ■場所 : 自宅(DVD)

■あらすじ
“D-フェンス”と名乗る男がいた。
非常に厳格で几帳面な上に、自分の価値観をハッキリと持った彼が、
ある日突然、渋滞する道路に車を乗り捨てると歩きはじめた。
別れた妻の元にいる幼い娘に電話をするために、両替してもらおうと入った
コンビニエンス・ストア。
そこで邪険にされたことから、彼の怒りは爆発。
些細な出来事は、やがて市民を震え上がらせる事件に発展していく。

■感想?
真夏の茹だるような暑い日に観たせいか、すっかり負けてしまったです。

ストーリーも暑い車の中でいきなりキレタっぽい始まり方だけど、
このオヤジは、最初から素質があったのね。
そりゃ、子供も泣くし、奥さんもビビッて逃げるよ。
厳格とか几帳面なんてレベルじゃないんぢゃないのかな。
あそこまでキレたりしないと思うけど、怒る理由も分かっちゃう自分も
危ないのでしょうか。

M・ダグラスってば、こんな平凡(ある意味非凡)なサラリーマン役もやってたの?
って驚いたんだけど、結構、この彼が好きだという人がいて更にビツクリ。

退職当日の刑事さん(ロバート・デュヴァル)が、なかなか良い働きっぷりでした。
奥さんのパックに付き合うなんて、良い夫ぢゃない?

夫の威厳を取り戻せ!な1本。

スポンサーサイト
テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。