スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イン・ハー・シューズ(IN HER SHOES)
2007年08月10日 (金) | 編集 |
IN HER SHOES ■イン・ハー・シューズ(IN HER SHOES)
 ■製作 : 2005年/アメリカ
 ■監督 : カーティス・ハンソン
 ■出演 : キャメロン・ディアス/トニ・コレット/
 シャーリー・マクレーン/マーク・フォイアスタイン/ブルック・スミス
 ■面白度 : ★★★☆(3.5)
 ■場所 : 自宅(DVD)

■あらすじ
周りが羨むスタイルと美貌を持ちながら、
難読症というハンディキャップがコンプレックスとなっているマギー。
一方姉のローズは弁護士として成功しているものの、自分の容姿に自信が持てずにいた。
定職にも就かず、ローズの家に居候していたマギーだったが、ある時、
ローズの怒りを買い家を追い出されてしまう…。

■感想?
同名小説の映画化だそうです。
キャメロンは可愛いけれど、こんな妹は絶対に欲しくない!
夜中に酔っ払った妹を回収に行かされるのも、
密かなコレクションの靴を勝手に履いちゃって、汚したり壊したりするのは
まぁ、我慢しよう。(多分、しばらくは口利かないだろうけどさ)
でも、さすがに男を寝取られるのは嫌だ。
どんなに最低な男だったとしても、これは勘弁。

姉妹のどちらにも共感できないんだけど、転がり込んだ先の
老人ホームのお年寄りに元気付けられてしまった。
日本のお年寄りも、このくらいユーモアがあると良いんだけどなー。
私の周りには、あまり元気な人がいないから羨ましい。
朗読していた元教授の部屋が片付けられていた時は思わずホロリときてしまった。
意地の悪い継母が、ローズの結婚式で料理にまったく手が出せない姿に
なぜかニンマリしてしまった。(パパ、もっと頑張れ)

妹じゃなくて、優しい弟がいて良かったかもしれない1本。


スポンサーサイト
テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。