スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
2007年08月03日 (金) | 編集 |
harrypotter5 ■ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
 (Harry Potter and the Order of the Phoenix)
 ■製作 : 2007年/イギリス・アメリカ
 ■監督 : デヴィッド・イェーツ
 ■出演 : ダニエル・ラドクリフ/ルパート・グリント/エマ・ワトソン
 ■面白度 : ★★★★
 ■場所 : TOHOシネマ六本木7

■あらすじ
ハリー・ポッターとその仲間たちが邪悪なヴォルデモート卿相手に、
秘密同盟の“不死鳥の騎士団”と協力して戦う姿を描く。
ホグワーツ魔法魔術学校の5年生になったハリー(ダニエル・ラドクリフ)は、
最近、ヴォルデモート卿のうわさを聞かないことに気付く。
そんな折、魔法省は学校にお目付役として新しく防衛術を教える教師を送り込む。
その授業を不満に思ったハリーは親友のハーマイオニー(エマ・ワトソン)らと
“ダンブルドア軍団”を結成する。

■感想?
すっかりおなじみのハリー・ポッター第5弾。
全シリーズ欠かさず観てるし、それなりに面白がっていたはずなのに、
思い入れがまったくないせいか、イマイチ話の繋がりを覚えていなかったりする。
なんせ、本も1冊で挫折した私ですから。
じゃ、何で観るの?と突っ込まれそうだけど、そこはね、
惰性というかお付き合いというか、色々あるのですよ。

5作品目となると、登場人物がそれぞれどのエピソードにいたかなんて
まったく覚えてない。
前回死んだコも、何で死んじゃったんだっけ?とアタフタ。

魔法省から送り込まれてきたピンクのスーツのおばちゃんキャラに参りました。
猫は大好きなはずな私ですが、あんな絵皿のある部屋にはいられない。
ニャーニャー、グルグル、フーフー言われたら、頭がおかしくなるってもんだ。

でもまぁ、なんだかんだ言いつつも、この手のファンタジーは嫌いじゃない。
続けとばかりに製作される他のファンタジー系より優秀で、
次でラストの回もきっと劇場に足を運ぶ自信がある。
最後はメインの誰かが死んじゃうらしいけど、今はとにかく完結を観てホッとしたい。

大好きってことはないはずなのに、劇場に足を運んでしまう1本。

スポンサーサイト
テーマ:映画館で観た映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。