スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フラットライナーズ(FLATLINERS)
2007年09月21日 (金) | 編集 |
FLATLINERS ■フラットライナーズ(FLATLINERS)
 ■製作 : 1990年/アメリカ
 ■監督 : ジョエル・シュマッカー
 ■出演 : キーファー・サザーランド/ジュリア・ロバーツ/
 ケビン・ベーコン/ウィリアム・ボールドウィン/
 ■面白度 : ★★★☆(3.5)
 ■場所 : 自宅(DVD)

■あらすじ
心臓を停止させ死後の世界を垣間見ようとする5人の医学生を描いたスリラー。
往々にしてこの手の作品は死後の世界自体に焦点を当てるが、
本作は臨死体験がもたらす恐怖を描いているのが目新しい。
記憶と欲望に支配され、ありもしない幻影を見るようになる体験者たちを描いた
変種のサイコ・スリラーと受け止めるべきであろう。

■感想?
今観ると、それなりに豪華なキャスティング。
みんな、若いね~。

でもって、ストーリーも若いのだ。
死後の世界を知るために、あえて臨死体験をしてみる。
意図的に心停止状態を作り上げ、仲間に蘇生してもらうってどう?
しかも、回をおうごとに心停止状態のタイムが延びていく。
最後なんて5分よ、5分。
怖いよ、先生!
脳ミソ死んじゃわないのでしょうか。
とんでもないチキンレースぢゃないの。

心停止中に彼らの見た世界は、それぞれ違う。
実験後に見る幻影からすると、どうやら無意識に忘れようとしていた記憶らしい。
ある意味、思い残していたこと。
その内容については、まぁ、人それぞれの価値観だ。

最後に見る世界が罪悪感なんてイヤだけど、着眼点は面白い。

死ぬ時は、うっかり戻ってこれない方が良いかもしれない1本。

スポンサーサイト
テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。