スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エターナル・サンシャイン(Eternal Sunshine of the Spotless Mind)
2007年09月13日 (木) | 編集 |
Eternalsunshine ■エターナル・サンシャイン
 (Eternal Sunshine of the Spotless Mind)
 ■製作 : 2004年/アメリカ
 ■監督 : ミシェル・ゴンドリー
 ■出演 : ジム・キャリー/ケイト・ウィンスレット/
 キルスティン・ダンストン/マーク・ラファロ/イライジャ・ウッド
 ■面白度 : ★★★ ■場所 : 自宅(DVD)

■あらすじ
バレンタインデーを目前にしたある日、ジョエルは不思議な手紙を受け取った。
そこには、最近ケンカ別れしてしまった恋人クレメンタインについてこう書かれていた。
“クレメンタインはジョエルの記憶を全て消し去りました。
今後、彼女の過去について絶対触れないようにお願いします。ラクーナ社”。
仲直りしようと思っていた矢先にそんな知らせを受け、立ち直れないジョエル。
そして彼も、彼女との記憶を消すことを決意し、ラクーナ医院を訪れる。
そこでは、一晩寝ている間に脳の中の特定の記憶だけを消去できる施術を行なっていた…。

■感想?
公開当時、気になって仕方なかった作品。
やっとこ、DVDを借りて観た。

時間軸の飛びっぷりに、最初はどこにいるのか慌てたけれど。
真面目な顔のジム・キャリーも悪くない。
イライジャ・ウッドも出てたなんて知らなかったけど。

恋人が自分との記憶を消去していたら、ショックだよなー。
で、自分も消してしまおう!って思うけど、でもやっぱり消したくない。
彼の記憶の中にいるのに、彼女も一緒になって足掻いてるあたりは、
過去と現在がごちゃ混ぜでちょっと混乱したけれど。
その辺りをカバーするように、実は自分も記憶を消していたことを知った
クリニックの看護婦さんからの暴露レターで帳尻合わせ。
この暴露レター&テープは、全患者に送りつけられるんだけど、
コレはちょっと余計なお世話なんぢゃないかと思う。
どーしても消したい記憶だってあるはずだしね。

期待した分、★は辛いけど、嫌いぢゃない1本。


スポンサーサイト
テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。